今いる会社で評価・収入アップしたい

  • もっと早く(10年前に知りたかった)知っておけばよかったことばかりです。会社でクさる前にcheckすべき。
  • こんな手段があったか!と驚きました。セッションでの内容は、転職にかかわらず、組織で働く上でも役立つと思いました。
  • 資格についての憧れをどうするか、具体的な行動を示して頂いた点が良かったです。
  • キャリア5年以上のサラリーマンは必ず受けるべし…!客観的に自らのキャリアを見つめられる機会になりました。
あなたも、キャリアのふり返りをして、現在勤めている会社で評価・収入アップしませんか?

なぜ、「キャリアのふり返り」をするのか?

キャリアのふり返り→評価・収入アップ・理想の会社への転職 あなたは
「もし私の経歴がもっと良かったら、希望の求人に堂々と応募できるのに……」
と考えたことはありませんか? その「もっと良かったら」は具体的に何なのか?はわかっていますか? それを知るための一歩が、キャリアのふり返りです。 そして、キャリアのふり返りは、せっぱつまった時ではなく、元気な時にやっておくのがいいのです。転職する・しないは関係ありません。 職務経歴書のフォーマットを使って、あなたの資格・経歴をリストアップしましょう。今後、あなたが強化あるいは新しく取り組んだほうが良い技術や経験が見えてきます。 今の仕事で適正な評価をされていないと不満をお持ちの方。強みを見つけて評価・収入のアップにつなげましょう。 転職したいと思っている方は、理想とする企業に転職しましょう。 また、転職を考えていない方も、この機会に職務経歴書を作ってデータとして保管しておけば、リストラや倒産などいざという時に、サッと更新して転職活動を開始し、早急に仕事をつかみとることができます。

ダメダメだった私が、最初の転職活動で得たものは?

私自身が初めて転職活動をした時のこと。履歴書を86通応募、当時は手書き。うち、面接に呼ばれたのは9社です。書類通過率でいうと、約1割。その後、二次面接に呼ばれたのは3社。 ダメダメな結果の理由は、それまで私は、キャリア構築を全く考えずに働いていたからだと気づきました。 その時の苦労をばねに、その後は、「どのような経験を積めば企業に求められる人になるのか」を考えて仕事。また、在職中に「今勤めている会社にこのままいるのが良いのかどうか」を何度も悩んで選択してきました。 その後の転職活動では、書類選考には4割程度、一次面接はほとんど通過できるようになったのはそのおかげ。 あなたも「このまま今の職場で働いていていいのか?」と悩んでいませんか? 私の経験を活かしたカウンセリングで、あなたは、将来の指針を得たり、悩みが解決したりします。

お客さまの声

『もっと早く(10年前に知りたかった)知っておけばよかったことばかりです。会社でクさる前にcheckすべき。』 【とうふくから一言】
今はスタッフであったとしても、もし、プロジェクトリーダーなどになれるチャンスがあったら手を挙げて、職務経歴書に書きましょう。企業は、例え管理職でないスタッフでも「後輩を育ててくれる人」や「リーダーとして人をまとめる経験のある人」を好むから。という話のご感想のようです。今からでも間に合いますよ! 『こんな手段があったか!と驚きました。セッションでの内容は、転職にかかわらず、組織で働く上でも役立つと思いました。』 【とうふくから一言】 優秀なかたは、なんとなく上司から仕事を引き受けてしまいがち。上司がいちいち指示しなくても、一定以上の成果がだせてしまうから。しかしそうすると、苦労した仕事が評価へ反映されません。評価される仕事へ格上げするための方法をアドバイスしました。 『資格についての憧れをどうするか、具体的な行動を示して頂いた点が良かったです。』 【とうふくから一言】 国家資格を活かして仕事をしている知り合いがいて、ご自身も何かやってみようか、とお考えのよう。まずはこれから、という例を挙げさせていただきました。 『キャリア5年以上のサラリーマンは必ず受けるべし…!客観的に自らのキャリアを見つめられる機会になりました。』 【とうふくから一言】 まとまった時間をとって職務経歴書を使ってご経歴を書き出すことで、ご自身のキャリアを客観的に見つめることができたのですね。確かに、キャリアは数年ごとに見直したほうが良いです!

なぜ、私がこの仕事をしているか?

私について少しお話しましょう。 3社目に転職後、郷里の母が倒れ、結局退職。
このサイトのブログ名は「渦のなか、ぐるぐるから抜け出そう!」です。 でも、「抜け出そう」は後で追加したもの。そもそもは、キャリアアップ転職して張り切っていた矢先に会社を辞め「私の人生、もう詰んだな……」と思い、人生の不運な渦の中からでられない状態を、自虐っぽく「渦のなか、ぐるぐる」と名付けたのです。 そんな時、たまたまFacebookの友達の「職務経歴書の書き方がわからない」という投稿を見て、いろいろアドバイスしたところ、その方がみごと転職に成功。 その後、私の経験がお役に立つのか半信半疑でワークショップを開催したら、すぐに満席。そして、やはりその中から転職に成功された方がでた。 「転職に成功したのは東福さんのアドバイスのおかげ」と言われたことがきっかけとなり、今は「転職カウンセラー」を仕事にしています。 当初は深刻な表情で来られた方が、カウンセリングの後、お帰りの際には自然と背筋がピンと伸びている……今は、そんなことに、私の「ぐるぐる」した経験がいかせていると考えています。

サポートのご案内

現在勤めている会社で評価・収入アップしたい
なんとなく将来に不安を持っている
キャリアアップのために何をすればいいのかわからない
という30歳以上の会社員のかた。 今、ここをご覧になっているあなたは、忙しいのを言い訳にせず、大切な時間を投資して、お悩みの解決をされようとしているのですね。 そんなあなたのご期待に応えられるよう、私も全力でサポートさせていただきます。 【ご相談の例】 どんな相談ができるでしょうか。以下、実際にあったご相談の例です。
  • 初めて転職活動をするので転職活動の方法を教えてほしい。
  • 転職エージェントはどこがいいか?
  • 書類選考を通るように、職務経歴書の添削をしてほしい。
  • 面接の想定問題がわからないので準備したい。練習をしたい。
  • 自己PRがわからない、書けない。
  • 自分の短所・長所がわからない、書けない。
  • キャリアのふり返りをしたい。
  • 外資系に転職したいが、外資系についてよくわからないし、どうしたら転職できるか知りたい。
  • 年収を増やしたい。
  • 転職したばかりの会社を辞めたい。なるべく穏便に辞めるにはどうしたらよいか?
  • 今勤めている会社にこのままいていいのか、不安がある。転職するべきか悩んでいる。
  • 今勤めている会社で、評価をあげたいがどうしたらよいか?
  • 興味のある資格があり、とったほうがいいのか検討したい。
※ご質問にお答えするだけでなく、必要なことを合わせてアドバイスします。 ※ 時間を できる限り有効に使うため、カウンセリング前に、いくつかご質問をお送りしお答えいただきます。
※ 申し訳ございませんが、学生さん・第二新卒のかた・実務経験3年未満のかたのご相談はお受けしておりません。
※30歳未満のかたでも3年以上の実務経験があれば ご相談 をお受けします。

0 転職活動のヒントをお伝えする無料のメールセミナー

以下の有料のご相談に来られるかたも、同時にこのメールセミナーにお申込みされる方が多いです。「とても参考になった」「ポジティブなメッセージに励まされた」というご感想をいただいています。 今すぐ『本気で転職したい人の無料7日間メールセミナー』に↓

1 面接に呼ばれる!職務経歴書・履歴書の添削

会ってどんなに素晴らしいかたでも、職務経歴書で伝わらなければ、面接にはすすめません。 「日経ウーマン」からも取材を受け掲載されたコツをお伝えします。 「キャリアのふり返りをしたい」というかたも、職務経歴書のフォーマットを使っていますので、こちらにお申込みください。マンツーマン対面相談 60分~150分。

2 内定につながる!面接対策

面接に通るかどうかは、とにかく「準備」で決まります。鉄板の質問にどう答えるか?短所や苦手なことについても、面接官にポジティブに受け取ってもらえる回答がわかります。マンツーマン対面相談 60分~150分。

3 悩みがなくなる!転職・仕事全般のご相談

「職務経歴書」「面接」といった具体的なものにあてはまらないことについてご相談したいかたは、こちらでお申し込みください。「今の会社にいていいのか何となく不安」「転職活動の方法が知りたい」というかたはこちらになります。マンツーマン対面相談 60分~150分。
関連記事(広告含む)