仕事・英語・本・ねこ・グルメについて書いています。

英文 Resume / CV のチェックサービスについて【期間限定 2018年6月30日まで】

第2回のワークショップで、英文のResume / CV について簡単に説明させていただいた際に、ネイティブあるいはバイリンガルによるチェックをしてもらえるサービスがあったらご興味があるという方が複数いらっしゃいました。
そこで、英文Resume / CV のチェックサービスを期間限定でいたしますのでぜひご利用ください。

*チェックするのはネイティブあるいはバイリンガルで、当方ではありません。
*料金を安くするためのポイントも書いてありますので、ご興味のある方は最後までお読みください。

*当方が主催するワークショップにすでにご参加いただいた方のみへのサービスです。

英文 Resume / CVをチェックしてもらうことの重要性

転職活動の際、応募企業に提出する職務経歴書(日本語)。誤字脱字などがないことはもちろん、読みやすく、心に残り、フォントなどの見かけが整っていることはとても重要。

同じことが、英文のResume / CV にもあてはまります。
アメリカのサイトにはそういったサービスが沢山あります。ネイティブでさえそういったサービスを利用してチェックするのですから、特に英語を母国語としない日本人であるあなたも、ちゃんとした恥ずかしくないものを提出したいと思うのではないでしょうか。

チェック内容は、文法的におかしいところを直す(Proofread)、表現を変えて印象を良くする(Edit)、フォーマットを整える(Format)、といったこと。
それをすることで、初めて堂々と応募できる「Resume / CV」になるのです。

英文Resume / CVチェックサービス対象の方

今回取り扱う英文Resume / CVチェックのサービスの対象は次のような方です。

  1. 外資系など英文のResume / CVの作成が必要である企業あるいは組織に応募する予定がある。
  2. 英文のResume / CVのチェックをしてくれるネイティブあるいはバイリンガルの知り合いがいない。
  3. 英文のResume / CVのチェックをしてくれる良いサービスを知らない、あるいは探す時間をセーブしたい。

サービス内容

サービス内容は、以下の4つです。

    1. 文法的におかしいところを直す(Proofreading)
    2. 表現を変えて印象を良くする(Editing)  *日本語はできないためコメントは英語
    3. フォーマットを整える(Formatting)
      *上記3つはネイティブあるいはバイリンガルに委託して行います。
    4. ネイティブあるいはバイリンガルが添削した内容の概略と補足を日本語でお送りします。
      ネイティブあるいはバイリンガルにとって当然のEdit内容については、修正はされますが、理由が述べられていないことが多いです。それについても日本語で補足します。
      あなたが日本語の説明を確認することで、ポイントが理解でき、今後、求人に合わせてあるいはキャリアを重ねての更新をご自身でする時の助けになります。

納期

納期は正式な発注をいただいてから4~5日です。ソフトファイルをご提出いただいた後に、お見積りと一緒に納期もお伝えします。

料金

料金は単語数で決まります。300 wordsで10,000円程度を目安にお考えください。MS Wordでは左下に単語数がでますのでご参考になさってください。
お客様がソフトファイルご提出後、当方からお見積りと納期をお送りします。それに対するご確認のメールとお支払いをいただいて初めて発注とさせていただきます。お客様が料金を確認しないままとりかかることはありませんのでご安心ください。

英文のResume / CV作成時のポイント

-なるべく料金を安くするために-
Resume / CVは、日本語の職務経歴書よりも短いのが普通。重要なもののみを盛り込んで要約し、A4 1枚程度にします。
ご参考までに、日本語の職務経歴書は3枚ある私ですが、英語のResumeは1枚で、412 wordsです。
ご経歴が短い場合は、逆に、A4 1枚になるように内容をふくらましたり、余白やフォントを調整しましょう。

単語数か少ないほうが料金は安くなりますが、ただ短くするのではなく、ハイライトしたい具体的な実績については最初から盛り込むことをお勧めします。後でご自身で追加すると、「重要な実績なのにチェックされていない文章」が含まれることになってしまうからです。
<例>プロジェクトリーダーの経験がハイライトの場合
Managed and executed a project as the project manager だけでなく、具体的なプロジェクト内容についても英語で入れる。
*特に日本語の職務経歴書が長い方は、くれぐれもすべての業務ではなく、ハイライトしたいもののみを入れるようご注意ください。料金が高くなるだけでなく、Resumeとしてもいいものではなくなります。

日本語の職務経歴書作成の際の注意点である「内容を具体的にする」という考え方は、英語のResume / CVでも同じです。数字を入れるなど工夫してください。

<ご注意ください>

  • 当方が主催するワークショップにすでにご参加いただいた方のみへのサービスです。
  • 「アメリカ英語」のみを対象とさせていただきます。
    ご自身の話す英語と同じ言語で書くことをおすすめします。日本での学校教育はアメリカ英語です。
    企業の本社がある国の公教育によって、Resume / CVの言語をアメリカ英語とイギリス英語に使い分ける考え方もありますが、2つのResume / CVを管理するのは大変で、あまりおすすめしません。国際的な組織に直接応募する場合など、どうしてもイギリス英語で作りたいという場合はご相談ください。
  • 個別の求人Job Descriptionへ提出用Resume / CVチェック対応はしておりません。
    このサービスの納期は4~5日後です。
    基本、応募は早いほうがいいのは外資系でも同じです。英文Resume / CVは余裕のある時にチェックしておき、求人に合わせての更新はご自身で行って、求人に早く応募することをおすすめします。
  • Microsoft Wordのみです。
    添削は、ご提出いただいたMicrosoft Wordソフトファイルをベースに行います。(PDFではなくソフトファイルでお送りください。)

サービスの流れ

  1. <お客様>→<東福>
    Resum / CV のソフトファイル(MS Word)をメールにて送付 mariko.tofuku@gmail.com
    メールタイトルの例 Resume チェック見積依頼
    ソフトファイルにお名前をつけ、パスワードをかけ、パスワードは別メールで送ってください。
    ソフトファイル名の例 Resume M Tofuku
    メール本文に、日本語のお名前をフルネームで記載してください。(タイトルと本文のお名前だけでわかりますので、あいさつ文などはどうぞ省略してください。
  2. <東福>→<お客様>
    お見積りと納期、料金の振込先銀行情報をお知らせします。
  3. <お客様>→<東福>
    料金と納期を確認したので正式に申し込む」旨とお振込み予定日をメールにてご連絡ください。
    ご入金を確認次第、取り掛かります。
  4. <東福>→<お客様>
    添削したファイル・更新用ファイル・日本語の説明をお送りします。Edit(英文)に意味がわからないコメントがある場合は、チェック担当者に確認しますので、納品後、5日以内にご連絡ください。

以上 【上記条件有効期間 2018年3月5日~2018年6月末まで】

Photo by ORNELLA BINNI on Unsplash