仕事・英語・本・ねこ・グルメについて書いています。
キャリアの棚卸しと職務経歴書を書き上げるワークショップ

2017年11月19日(日)に開催しましたワークショップ、おかげさまで大成功でした。
ご参加ありがとうございました。その時の様子はこちら

東京・銀座「寿司さいしょ」『うに祭り』に行って来ましたよ。うにを肉で巻いた『うにく』は絶品です。

スポンサーリンク

東京・銀座「寿司さいしょ」うに祭り。うに祭りとは、さいしょさんが主宰するうに尽くしのイベントです。
さいしょさんが登録商標を持つ『うにく』は絶品でした。

「寿司さいしょ」『うに祭り』の予約の方法はこちらの記事です。

「寿司さいしょ」の場所は?

東京・銀座「寿司さいしょ」は、銀座駅から徒歩約5分。1階に「俺のおでん」のあるビルの3階にあります。
エレベーター入口は、「俺のおでん」店舗の左にあります。

エレベーターを降りて左側のお店。小さい看板が掛かっています。

店内の様子

店内は、カウンター8席、小上がり4席の計12席です。今回は、12人のうち女性10人、男性2人と、女子率高い。年齢的には30代~40代が多そうでした。

カウンターの様子

小上がり。『うに祭り』の時は、4名の相席です。体積の大きい方は、カウンター席の予約(うに祭りの時は早いもの勝ち)をお勧めします。
今回は、私は小上がりの相席になりました。普通サイズの女性3名と男性1名でしたので問題なかったです。

『うに祭り』の料理

それでは早速当日のお料理をご紹介します。税所(さいしょ)さんはお茶目な方なので、合わせてご覧ください。

『うに祭り』の時は、2時間飲み放題。美味しいお酒が飲み放題とあって、お酒好きな方はとってもお得です。

12人全員で乾杯。ほとんどの方はビールですが、私は梅酒のソーダ割を注文。

最初に出て来たお刺身の盛り合せ。写真は二人分で、ちゃんと一人分ずつ分かれています。
いわし、タコ、スズキ、カツオ。スズキは、新鮮さを保つために「瞬間神経締め」という方法で締めたもの。


お醤油は2種類あり、小さい醤油さしには熊本の甘いお醤油が入っています。ぽたぽた落ちる醤油さしなので、お刺身の上から落としても。

白ワインとチェイサー。

12人分のうにの軍艦巻き。北海道産のエゾムラサキうに。圧巻です。税所さんとも一緒に。


何と、一列が一人分……。早速怯みましたが、シャリは小さ目、そして美味しいので意外と大丈夫でした。

4人分続く、うにの軍艦巻きのライン。

小柱の軍艦巻き。4人分。

炙りマツタケをカツオ出汁に付けたもの。4人分です。

白いか。竹炭塩でいただく。


ここで、『天の戸』という銘酒を税所さんが取り出します。これ、飲み放題ですから。

私は下戸なので、ぐい飲みに入れていただきます。ぐい飲み、津軽ビードロが沢山あって、その中から選ばせてもらった一つ。


いぶりがっこのクリームチーズのせ。いぶりがっこは、金樽さんのもの。確かに美味しい。

ここでまた、うにへ戻ります。違うところから仕入れたという北海道産のうに。一人3個ずつ。


そして、「うに祭り」最後のハイライト、『うにく』。
牛肉は「はねした」あるいは「ともさんかく」という希少部位を使います。肉を前に説明する税所さん。

税所さんとお肉を見つめるカウンター席の人たち。

海苔の代わりにお肉で軍艦巻きにしたところ。

そして、バーナーで炙ります。
いつもはうにくは一人1つずつなのですが、今回は29日で「肉の日」ということで特別に一人2つずつ!味付けを変えます。
12人分、24個そろいました!

和風にわさびと醤油、それから通常のうにくはトリュフ塩とオリーブオイルで味付けしてありますのでそのまま。

『うに祭り』とは?

うにとお酒が好きな人にはたまらない、『うに祭り』。次回はいつなんでしょう?

これは、税所さんにもわかりません。というのも、うにの値段は3倍近く変動する中、平常の値段の時に仲買さんからOKが出て、かつ、その日の税所さんのお店の予約がゼロの時、という不確定要素で成立するからです。

気になる方は、寿司さいしょのFacebookページをフォローしましょう。
「寿司さいしょ」のFacebookページ
予約方法の記事はこちら。

感想

18時半~21時18分まで。3時間弱でしたがあっという間に時間が過ぎました。うにだけで飽きないように間に他のネタも挟んで楽しめるようになっていて満足なイベントでした。飲み放題でいいお酒が飲めるということもあり、うに好き・お酒好きにぴったり。(今回は13,800円でした。値段はその時々で違います。)

欲を言えば、「最後に魚介味のお味噌汁があったらいいね!」というのが小上がり4名全員の意見です。小上がりは相席だったのですが、皆さん面白い方々で、初対面とは思えないほど盛り上がりました。

量は、お寿司17個、お刺身の盛り合わせといぶりがっこ。かなり満腹にはなるものの誰も残した人はいなかったので、女性でも何とか食べられる量だと思います。

そして、やはり、税所さんが登録商標(お店に掲げてあります。)を持つ『うにく』は絶品。もちろん『うに祭り』でなくても食べられます。ぜひ一度食べてみていただきたい味です。

「寿司さいしょ」のFacebookページ

関連ランキング:寿司 | 銀座駅新橋駅東銀座駅

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします!役立つ情報をお届けします。