仕事・英語・本・ねこ・グルメについて書いています。

キャットフードの変更で残ってしまったキャットフードを寄付しました。

スポンサーリンク

我が家のねこ様たんぽぽ(オス)
わけあって、たんぽぽが食べていたキャットフードの寄付をしました。

キャットフード変更

先日、ねこのキャットフードを変えました。

病院での健康診断で、獣医さんに「肝臓の数値が良くないです。キャットフードが合わないと思われるので変更するように。」と言われたからです。ちなみに、肝臓の数値は1ヶ月おいて2回調べました。(ねこ自体はすこぶる元気。)

私は、「ブリーダーさんから勧められたキャットフードをあげているんですけど……むにゃむにゃ」と言ったのですが、先生によると個々のねこに合わない場合もあるとか。

具体的な種類の指示はなく、悩んだあげくに同じメーカー「ソリッドゴールド」のもので組成が違うもの「カッツフラッケン」にしました。因みに、獣医の先生からの指示は、「脂の割合の低いものにするように」というもの。

以前にネスレのモンプチでねこの具合が悪くなったことがあるので、同じメーカーとはいえ、合わない場合も考えて、小さ目の袋を購入しました。
ねこの具合が悪くなった時の記事はこちら。

困ったのは以前のキャットフードの残り

困ったのは、ずっとねこにあげていたキャットフードの残りです。一般の品物同様、キャットフードも大袋で購入した方が安いため、最近大袋で買ったばかり。5.4kg入りで、まだ5.2kg残っていました。消費期限もまだ1年あります。

ねこは肉食なので、キャットフードのメインの原材料は動物の肉。そもそも命なわけで、出来れば捨てたくない……。

寄付先を探す

そこで、ネットで寄付先を探してみることにしました。

最初に見つけたのが、東京キャットガーディアン。しかし、キャットフード支援はメーカー指定があり、かつ、開封してないものだけです。
ねこの安心・安全を考えたらそうでしょうね~と思ってあきらめました。

そして、最終的に、以前にSNSで見たことがあり、また知り合いの方からも聞いたことのあるNPO法人「ねこけん」さんのサイトに行きつきました。支援については「お問い合わせ」フォームがあったので、

・キャットフードが飼い猫に合わない様なので、開封したものが寄付できるかどうか
・キャットフードの銘柄のリンク、残量、消費期限
・開封してあるので、失礼かもしれないしご不安があることも承知していること
・送料は私が負担すること

を書いて、お伺いしてみました。

NPO法人「ねこけん」さんが役立ててくれることに

そうしましたら、翌朝お返事が来て、保護猫に役立てて下さるとのことで住所などが記されていました。
良かった!
5.2kgの荷物はかなり重くカートに載せて近くのヤマト運輸まで引きずって行きましたが、足取りは軽かったです。「ねこけん」さんに感謝です。

ちなみに、寄付したキャットフードはこちら。

うちのねこの新しいキャットフードはこちら。幸いねこは以前同様喜んで食べています。

今日のたんぽぽ。バラを撮影していたら、興味深く見にやって来て、くつろいでいる一枚。このあと、茎をつんつんし始めたので、バラはすぐに撤収しました。

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします!役立つ情報をお届けします。