仕事・英語・本・ねこ・グルメについて書いています。

ねこにワクチン接種をしに行きました。キャリーに入らなくて苦戦。

スポンサーリンク

我が家のねこ様、たんぽぽ(オス)。ワクチン接種に行って来ました。

ワクチンは年1回

ねこのワクチン接種は法的義務ではありませんが、病気になるリスクを考えてこれから毎年1回受けに行きます。

何も知らずにくつろぐたんぽぽ

キャリーに入らない

以前は大好きでよく入っていたキャリー。周囲をくんくんしますが、入りません・・。

理由は分かっていて、前回、おもちゃ誤飲事故で病院に連れて行ったからです。処置はしなかったものの、フレンチブルドッグかいてワンワンいって犬のにおいもしていたので、「ココに入るといかん。嫌いなところに連れて行かれる。」って思ったみたいなんですよ。

やむなく、おやつで釣ったのですが、キャリーには頭しか入れません。結局、押し込みました。
以前は飛び込んでいたキャリーの周囲をクンクンするたんぽぽ

動物病院まで徒歩で移動

キャリーを肩に掛けて、動物病院へ。キャリーの中から「ニャオ~」っと鳴くので、すれ違う人が振り返ります。
気にせず歩きます。徒歩5分くらいなのですが、信号が2つあり、重くて立っているのが辛い。4.5キロ位で大人のねことしては普通ですが。

わんこが沢山の待合室

前回来た時は、午後だったせいか患者はわんこ一匹だけだったのです。
今回は病院へ行ったのは朝。ワクチンはその後の経過次第でまた来院しなければならないので、午前中に受けなければならないのです。

そしたらすごい。待合室は満員です。キャバリエ、コーギー、ジャックラッセルテリア、プードル、シェルティー、ミニチュアダックス。全犬おりこうさんで、飼い主の足元か膝の上で静かにしています。
ねこのキャリーを持っているのは私を入れて3名。

ドクターのハンドパワー

順番が来て、ガラス張りの診察室に入ります。
念のためドクターに「うちのねこは初めての人を見ると隅っこに走って行って固まってしまうんです。すみません。」と言いました。
しかし、たんぽぽ、ちゃんと診察台の上で熱も心音も大人しく計ってもらっています。全然固まってない。ドクターのハンドパワーですね。
注射も、打ったら「にゃー。」って鳴くんだろうな、と思っていたのですが、何も反応しませんでした。

意外とあっさり終了。良かった。

ワクチンを打つと、証明書をもらえます。

費用は5,616円。

帰宅後のたんぽぽ。ワクチンのせいか、気疲れのせいか、いつもより寝てた気がします。

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします!役立つ情報をお届けします。