仕事・英語・本・ねこ・グルメについて書いています。

ねこはどこを撫でれば喜ぶのか。そしてどこが嫌なのか。

スポンサーリンク

ねこが撫でられたいのは顎

ねこは顎を撫でられるのが好き。おそらくこれは共通。
そしてうちのねこは、顎や頭を撫でるのはいいが、それ以外は基本的にイヤがります。
よく、お腹を上に向けて寝て、いわゆるヘソ天をして「お腹撫でて~」というねこがいますが、うちのは違います。ヘソ天はほとんどしません。
顎を撫でているところ。撫でてほしいところを自分で頭を動かして調整します。

顎と頭以外はイヤ。特にお腹はイヤ。

うちのねこは、結局顎と頭以外を撫でられるのがキライ。特にお腹を撫でると本気ではないものの噛んできます。

以前、「便秘気味のねこは、お腹をのの字にマッサージ」と本で読んだので、それをやったら、怒った怒った。
両手で私の腕をガッチリ掴んで噛んできました。まだ飼って間もない時だったのでひどく焦りました。もちろんそういう時はねこは加減して噛んでくるので怪我はしませんが。

コーミング、つまり毛を櫛て梳くのをを毎日しているのですが、その時も大人しいのは顎の下だけ。背中もお腹もシッポもお尻もイヤがってジッとしていないで動き回ります。

手足の先も、爪切りの時にさわると怒ります。なので、だましだまし3つくらいずつ切ります。コーミングや爪切りの場合は怒ったからとやめると「あっ。怒れば止めるんだ。」と見下すらしいので、絶対にそれには反応せずに頑として少しでもいいからやります。これ、大事らしいです。

今日のたんぽぽ。最近はタワーの上がお気に入り。

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします!役立つ情報をお届けします。