仕事・英語・本・ねこ・グルメについて書いています。

東京・本駒込イタリアン「イル・ブルーノ」大山鶏のローストがおすすめ。

スポンサーリンク

東京・本駒込にある、人気のイタリアン「イル・ブルーノ」を紹介します。ここの大山鶏のローストが超オススメなんです。

どこにある?

南北線、本駒込駅、あるいは都営三田線白山駅から徒歩5分くらい。
東洋大学のキャンパスの正門ほぼ向いにある17号線沿いのイタリアンレストランです。

人気店。どんな人が来てる?

このレストラン、夜に前を通って中を覗くといつも満席。日曜日の夜も、です。

リーズナブルな価格で美味しいのと、ここに来ると時間を忘れてしまうほどのアットホームな居心地の良さ。イル・ブルーノとは、イタリア語で「褐色」だそうで、確かに落ちついた、でも温かみのある雰囲気です。

大人数よりは、家族の記念日や、4人くらいまでの友人の集まり、そしてデートで使うのに良さそうです。

写真でご紹介!

外から見たところ。正面はガラス全面。春以降は一部外にテントが張られ、そこにも1テーブル。

今回は、食事は3名でアラカルトを頼み、シェアしました。

まずは、サングリアで乾杯。サングリアはイタリアではなくスペインのものですが、ツッコミなしで。ボトルは開けらない、というグループには赤白のグラスワインがあります。

前菜は、リコッタチーズのトマトサラダ。

春らしいキャベツと桜エビのペペロンチーノ。

春のメニューが続きます。そら豆とホタルイカのリゾット。これは分けた後の一人分。

そして、ここへ来たら必ず頼む、大山鶏(だいせんどり)のロースト。大山鶏は鳥取県のブランド鶏です。
外はカリッと中はジューシーに焼けています。鶏はちゃんと切り分けて持って来てくれますので、シェアも心配なし。
ローズマリーで隠れていますが、にんにくが丸ごとローストされています。甘くて美味しいので、翌日、にんにくのにおいが多少しても大丈夫な人はぜひ。

イタリアンのデザートと言えば、ティラミス。

友人の頼んだ、アフォガード。右がエスプレッソでアイスにかけていただきます。

アフォガードとはイタリア語で『溺れた』の意味だそうです。文字通り、アイスがエスプレッソに溺れています。

そして、カップチーノ。

値段は?そしておすすめは?

最初にお酒をワンドリンクずつ、食事はアラカルトで3人でシェアし、デザート・お茶で一人あたり4千円ちょっとでした。

どれも素材を活かしたシンプルな料理、そして優しい味。そして中でも大山鶏のローストはおすすめです。

人気店なので、事前に予約したほうが確実です。

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします!役立つ情報をお届けします。