仕事・英語・本・ねこ・グルメについて書いています。

東京・目黒「笹や」色々な部位の焼き鳥がある専門店。店内禁煙!美味しい。

スポンサーリンク

東京・目黒。焼き鳥専門店の「笹や」に行って来ました。こぢんまりとしたお店ですが、店内禁煙。専門店なので、色々な部位の焼き鳥を美味しく食べられます。

カウンター席の前で焼いていますが、換気がいいのか、においや煙は気になりません。

お店はどこにある?

JR・都営三田線・南北線の目黒駅西口から徒歩8分。権之助坂を下り、横道に入ってしばらく行ったところにあります。

権之助坂から入ったところ。人通りの多い通りから一転、お店などはほとんどない静かな住宅街です。

 

歩いて行くと、左に無視できない超高級マンションがそびえ立っています。

 

そのマンションの敷地の隣に「笹や」はあります。写真の突き当りに見える白い建物の1階が「笹や」です。入口は道路側。

 

入口にはのれんがかかっています。

お客さんはどんな人?

会社の同僚っぽい感じ、女性の友人同士、デートかな?のカップルなどいろいろです。

小さい店内ですが、カウンター席もあるので、1人~4名くらいの小グループに向いていると思います。

メニュー

焼き鳥のメニューは、1本200円から。
英語のメニューもありますので外国人のお客様もOKです。「ぼんじり」とか英語で言えなくても大丈夫!

料理の紹介

それでは、料理を写真でご紹介します。

テーブルには七味・山椒・たれと、くし入れ。

ちなみに向こう側に見えるのが、カウンター席の椅子の背です。こちら側はベンチシートなので、お向かいの人のバッグなど置けます。

 

お通しの浅漬け。みずみずしい。

 

サラダ。

 

鶏レバーのテリーヌ。人気の品なので、品切れになる前に、最初に注文しましょう。

パンが足りなかったら、一枚単位で追加注文出来るそうです。新鮮なレバーで作ってあるのでおすすめ。

 

手羽先。外はカリッと中はジューシー。

 

左がナンコツ、右がぼんじり。このお店のナンコツは、肉もけっこうついています。

これ以外にも、ねぎま、レバー、つくねを注文しましたが、お通しの漬物から始まってテリーヌ、焼き鳥、どれも美味しかったです。

そしてお会計は、一人ドリンク2杯ずつで、二人で8千円弱でした。

最後に

このお店で特筆すべきは、禁煙だってこと!こぢんまりとした美味しいお店ではなかなかないことです。

そして、いろいろな部位を食べられること。「ちょうちん」とか「ぼんじり」とか、以前は知らなかった部位の名前も何度も行くうちにわかってきました。

人気のお店ですので平日の夜でも予約をしたほうが確実です。

関連ランキング:焼き鳥 | 目黒駅

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします!役立つ情報をお届けします。