仕事・英語・本・ねこ・グルメについて書いています。

TOEIC Listening & Reading Test のスコアが2ヶ月で255点アップしました!?

2019年1月に受けたTOEICのスコアの結果がでました。
その2ヶ月前に受けた2018年11月のスコアと比べ、255点アップしました。

最初に書いておくと、スコアアップは、今回がよくできたからじゃなくて、約20年ぶりに受けた前回のスコアがすごく低かったから。

前回から勉強は全くしておらず、「テストの勝手がわかった」おかげでの255点アップです。

2018年11月に受けたTOEIC

2018年11月に、約20年ぶりに受けたTOEIC。何も準備せずに臨んだのもあったのか、散々でした。「確か、これがコツだった!」と思ったのがどうも間違いだったみたいだし。

Readingなんか、「あと一時間ほしい……」って思いましたからね。
結果はListening 390 Reading 175 Total 565
TOEIC

2019年1月に受けたTOEIC

そして、先月受けて、今日スコアがわかったTOEIC。実は、11月からスコアが255点アップしてますが、前回から何も勉強していません。
Listening 425 Reading 395 Total 820
TOEIC

どうして勉強していないか、と言いますと。

実は、英語の堪能な友人にTOEICの点数のあげかたを聞いたので、それでスコアが上がるかどうか試したい。そのためにまず基準点をとりたい。

しかし、前回がTotal 565点は悪すぎ。平均より下。「早退したのかな?」という点数です。

これでは効果を測定できないので、前回、テストの勝手がわかったところで今回また、まっさらな状態で受けました。

ちなみに、565点が悪すぎ、というのは、20年前の自分のスコアと比較して、です。

20年前のスコアはこちら。Listening 395 Reading 405 Total 800
800点です。なんか、セピア色になってるような……。

目ざすのは900点以上

さて、やっと今回、基準になりそうなスコアがとれたので、これから勉強しようと思います。目指すのは900点以上です!

ちなみに、私がしようとしている勉強は、英語そのものではなく、単にスコアを上げるためだけのもの。

「英語が話せるようになりたい」「英語でメールを書けるようになりたい」というのと、TOEICのスコアをあげるのは、切り離して別々にやったほうが効率がいい気がするからです。

もちろんTOEICの勉強が無駄だというわけではありません。使われている単語は、基本的な単語。リスニングは日本の学校教育であまりやっていないから、TOEIC用の勉強をすると力がつくと思います。

TOEICスコアと実際の英語での仕事についてはこちら。

ふくから一言

前回、どうしてあんなにReadingの点数が悪かったか。

それは、私の記憶では、最後の問題からやるのがコツだと思っていたんですよね……最後のほうは、時間さえかければ満点とれる内容だから。

それから、読解って、最初に質問を読んでから、文章を読むんじゃなかったかしら?それやったら、ますます時間がかかってしまいました。

そういうわけで、時間が全く足りなかったというのが一番大きな原因かな。

私の記憶違いか、それとも、試験が変わったのか?

でも、「試験の勝手を理解している」って、重要なポイントなんだな~と改めて思いました。

今回は、最初から順番に解きました。読む順番も、文章読んでから問題文にいきました。とりあえず、20年前と同じレベルのスコアがとれたので、これから900点を目指します!

うまくいったら、方法をシェアしますね。


この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします!役立つ情報をお届けします。

SNSでフォローする
関連記事(広告含む)