仕事・英語・本・ねこ・グルメについて書いています。

「プチリュバン」のねこのベッド ペットハウス 冬用 暖かい小型のかまくらみたい

スポンサーリンク

ねこは好きなところで眠る

以前にも書いたように、うちのねこは、8月末にお迎えしたため、とりあえず、アマゾンのダンボールに古タオルを敷いたものをベッドとして用意した。ねこ2

それでも、いつもそこで眠るわけではなく、暑い時は床に寝ていることが多かった。

タオルより暖かい素材を探す

秋になり少し肌寒くなった時、タオルでは寒いだろうと思って冬用のベッドを探し始めた。一頭飼いなので、一匹で暖まるものがよい。ドーム型だと、自分の体温で暖かくなるそうな。
写真は、中に入って喜んで遊んでいるところと、寝るところ。ねこベッド

ねこベッド

どこで寝るかはねこに選ばせる

このベッドを購入してからも、段ボールはそのままにしておいた。ねこが寒いと思えば新しい方で寝るし、まだ暑ければ古い方で寝るだろうから。

11月になり、最近はさすがに寒いので、ねこはかまくら型のほうで寝ている。朝、出て来たところで中に手を入れてみたら、暖かかった。やはり、自分の体温で暖まるのだろう。

寒い日は湯たんぽをプラス

東京は11月に雪が降った。今年の冬は早い。そこで、寒い日は、段ボールの方に湯たんぼを入れた。(かまくらに入れると熱すぎるかも、ということと、うちの湯たんぽでは底が平らにならないため。)

ねこは、湯たんぽの上か横で寝てもいいし、かまくら型ベッドの中で寝てもいい。長毛なのであまり寒がりのようにも見えないが、私にはわからない。

気を遣い過ぎかもしれないが、寒さで病気になった場合を考えたら、この方がずっと気は楽だ。

色とサイズを選ぼう

さて、色は、好みでいいだろう。私は、掃除の時にねこの白い毛がわかるよう茶色にした。

サイズは、うちのねこは3.3kgでMが丁度良かった。あと体重が1kg増えてもスペースはある。狭すぎず、広すぎずの広さだ。

 

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします!役立つ情報をお届けします。