仕事・英語・本・ねこ・グルメについて書いています。

ほんの少しだけ、無理してみる。そうして変わったこと。ストレングスファインダーの下位資質。

『ストレングスファインダー』で知ったこと

最近「ストレングスファインダー(Strengths finder)」が仲間内で話題になっている。

これはアメリカのギャロップ社の製品で、アンケート形式の質問に答えることで、34の資質のうちどれが自分の強みかがわかるもの。

1位から34位まですべてわかるコースを選択すると、上位にあるのが長所、下位にあるのが短所になる。何年も前に私もやってみて、とても納得のいく結果が出た。好きなものが上位に、嫌いなものが下位にあったからだ。

上位にあるものを活かしてよりよい人生に役立てよう、というのが『ストレングスファインダー』の趣旨なのだが、これから私が書くのはそれとは違うことである。

下位にあるもので、少しだけ無理してみた

32位 社交性

34の資質のうち、32位の社交性。私は一人でいるのが好き。知らない人と自己紹介しあったりするのにストレスを感じる。

でも、これはほっといていいものでもない。というのは、本やネットだけよりも、人からの学びというのが一番大きいことを知っているから。

そこで、2014年から、いろいろなコミュニティに参加するようにした。最初はかなり無理してしまい、本当に疲れた。そこで、あまり本気を出さないことにした。無理するのは、少しだけ。疲れていて調子の悪い時には、名刺交換しないで帰って来ることも。でも、それでもよしとした。

そして、知らない人と会うのがストレスでも、人は好きなので、ちょっとの辛抱だとわかった。少しだけ無理をすることで、「慣れて」来たのである。

おかげで、沢山の仲間が出来た。「少しの無理」を続けたからだ。

30位 戦略性 31位 競争性

参加しているマーケティングの勉強会のコミュニティでゲームをすることがある。
本当は、その日は不参加としたい。でも、これも少し無理をして参加する。

心の中は嫌々なので、ゲームのルールも勝つためのコツも,なかなか覚えられない。でも、例え結果が出なくてもよしとする。

皆が喜々としてやっているのが理解出来ないが、少しは面白く感じる自分がいる。

ゲームそのものではなく、ゲームによって出て来るチームメンバーとのコミュニケーションが面白いのだ。メンバーと距離が縮まって仲良くなってくるのが楽しい。

プライベートで「少しだけ」無理をすること

仕事となれば、下位の資質を使うものでも、自分に鞭打ってかなり無理をする必要がある。

でも、プライベートでも、「少しだけ」無理をしてみたらどうだろうか。もちろん、それによって自分にいいことがありそうなものだけでよい。

「少しだけ」なので、大きなストレスはないし、自分に期待もしないので、うまくいかなくてもがっかりすることもない。得ることがあれば、丸儲けである。

最後に

『ストレングスファインダー』の34の資質。強味を知って、そこをもっと活用して伸ばすことは大切なのはもちろんだが、強味だけで人生は渡り切れない。

そこで、少しだけ無理をして「慣れる」ことで不得意な資質をカバーしようとしている。ポイントは、無理をするのは「少しだけ」。そして、下位の資質全部ではなく、一部のみ。

ここ数年、私が心掛けていることである。

『ストレングスファインダー』

参考図書

Photo via Visualhunt

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします!役立つ情報をお届けします。