仕事・英語・本・ねこ・グルメについて書いています。

映画「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」ネタバレあり、感想。マックが協賛していない理由がわかる。

スポンサーリンク

ネタバレあり。

映画「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」を観てきました。

この映画、マクドナルドが主人公のレイ・クロックによって成長していくところを描いているのですが、マクドナルドは協賛していませんし、広報はコメントもしていません。その理由は、映画を観るとわかります。

レイ・クロックとマクドナルド兄弟の関係は?

マクドナルドと言えば、レイ・クロックが創業者です。しかし、一方で、マクドナルド兄弟がマクドナルドの基礎を作りました。彼らがどんな関係だったか知っていますか?

この映画では、レイ・クロックとマクドナルド兄弟の関係にも焦点をあて、私達のよく知らない事実に迫ります。

心に残るのは「粘り強さ」

映画の予告編でレイ・クロックが「成功には根気が大切」と言っているように、この映画は「失敗してもあきらめないでトライし続ける、粘り強さ」の場面が沢山でてきます。

それは、レイ・クロックがマクドナルド帝国を築くまでの根気のことだけではありません。

レイ・クロックの粘り強さ1

映画の最後、レイ・クロックが「成功のためにはえげつないこともやった」と語る本物映像が出てきます。

しがないミルクセーキ機のセールスマンだったレイ・クロック。その彼が、52歳でマクドナルドのシステムと出会い、その後、マクドナルド帝国を築くため、策をめぐらして堅実なマクドナルド兄弟を追い込んで行きます。

マクドナルドのシステムにほれ込んだレイ・クロックの粘り強さはすごいです。

レイ・クロックの粘り強さ2

友人の妻に惚れてしまったレイ・クロック。

自分の妻と離婚し、最後は友人の妻と結婚します。出会ってから何年かかったのかはわかりませんが、これも彼の粘り強さの勝利でしょう。

マクドナルド兄弟の粘り強さ

マクドナルドが初めて日本に出店した時には話題になり、私達を驚かせたそのシステム。それは元々マクドナルド兄弟が作ったものですが、当時のアメリカ人にとっても初めてのものでした。

マクドナルド兄弟がさまざまな失敗を乗り越えて繁盛店へとたどり着くまでの粘り強さが描かれています。

見どころはレイ・クロックに追い込まれていくマクドナルド兄弟

マクドナルド兄弟はその名前だけが知られているだけで、どんな二人で、レイ・クロックと出会ってからどうなったのかは知られていません。

レイ・クロックは、「成功はごみ箱の中に」という自伝を書いています。この中でもマクドナルド兄弟についてはあまり書かれていません。

しかしこの映画では、堅実で、ローカルでの展開で良しとしていたマクドナルド兄弟が、レイ・クロックに追い込まれ、マクドナルドの商標などすべてを手放すことになるまでの様子がわかります。

当初はレイ・クロックに自慢げにキッチンを案内していた二人が、最後は悲しい結末になるのは見ていて辛いほどでした。

今まで知られていなかったマクドナルド兄弟の様子が見どころです。

マクドナルドが協賛していない理由

ここまでくると、マクドナルドが協賛しておらず、広報もコメントしない理由がわかるでしょう。

創業者として有名なレイ・クロックが、本人も言うように「えげつない」方法でマクドナルド兄弟を追い込んで、マクドナルド帝国を作った様子が描かれているからです。

そして、レイ・クロックが、マクドナルド兄弟から必死で取り上げた、「マクドナルド」の名前にこだわった理由は、映画の中で明かされます。

この映画、面白かったです。レイ・クロックの自伝を読んだことがある人にもない人にもお勧め。

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ

レイ・クロック自伝もお勧め。ジャズピアニストでもあるレイ・クロックが、52歳でマクドナルド兄弟と出会ってからマクドナルドを急ピッチで世界に広めていく様子が描かれています。

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします!役立つ情報をお届けします。