仕事・英語・本・ねこ・グルメについて書いています。
キャリアの棚卸しと職務経歴書を書き上げるワークショップ

2017年11月19日(日)に開催しましたワークショップ、おかげさまで大成功でした。
ご参加ありがとうございました。その時の様子はこちら

【書評】『人生を変えるモーニングメソッド』ハル・エルロッド著 鹿田昌美訳 朝が弱いと諦めている人へ

スポンサーリンク

早起きの効用

「早起きは三文の得」は英語でも表現があり、日本だけの話ではありません。

朝に弱い私が、「最後のチャンスかも」と思ってこの本を読み、約1ヶ月続いています。

そのきっかけになった本をご紹介します。

著者のハル・エルロッドとは?

著者は、20歳の時の交通事故で一時心肺停止となり、11か所を骨折し、脳に修復不可能な損傷を受けるも必死のリハビリで再起。

その後、事業で成功しますが、リーマン・ショックで危機。

友人のアドバイスをきっかけに「モーニングメソッド」を始め、また会社を立て直します。

その後、自分がコーチングする相手に「モーニングメソッド」を勧めて次々と効果があったことから、この本を書いたそうです。

「モーニングメソッド」とは?

早速ですが、著者の言う「モーニングメソッド」とは何をするのでしょう?

それは、いつもよりも1時間早く起き、1時間で下記のことをするのです。

では、一つずつ説明しましょう。

瞑想

最初に瞑想。自分の呼吸に集中して、心を空っぽにし、ありのままの自分と向き合います。

読書

次に読書。読みたい本を10分だけ、読みます。

アファメーション

アファメーションとは、自分自身に対する肯定的な宣言のことを言います。なりたい自分についての文言を決めておき、何度も宣言します。

イメージング

イメージングとは、なりたい自分をイメージすること。コルクボードに尊敬する人や、住みたい家、旅行で訪れたい国などの写真を貼り、なりたい将来の自分をイメージします。

日記

昨日のことで感謝することを書きます。1行でもOK。

エクササイズ

ジョギングでも何でもいいのですが、身体を動かして一日の始めるためのウォームアップをします。

ショートバージョンも作っておく

続けるためのポイントを1つ。

1時間前に起きると言っても、時間がとれない日もありますし、エクササイズに気乗りがしない時もあるでしょう。そんな時に備えて、ショートバージョンも作っておきます。
5分を3分にするとか、エクササイズをもっと短くするとかです。

一番避けたいのが、挫けて出来なくなってしまうこと。ショートバージョンを作っておけば、それを選んだ日も、「出来た!」と納得出来、それが続く秘訣です。

私なりのモーニングメソッド

では、実際に私がどのようにしているかといいますと……。

瞑想

下記のCDをかけて瞑想します。正直、禅を習ったこともないので我流ですが、とても気分が良いです。

読書

やる気にさせてくれる内容がつまっているので、まさにこの本を10分読みます。

アファメーション

昨年の秋に腰を痛めてから、健康に不安がある私。そんな私の一番のアファメーションの1つはこれ。

「私は、輝くばかりに健康で、エネルギーに満ちあふれています。」

なりたい自分についていくつかを鉛筆で1枚の紙に書き、思いついたら足したり引いたりしています。

イメージング

本当は、コルクボードに写真を貼って作りたいのですが、まだ出来ていません。なりたい自分について書いた、マインドマップを眺めながらイメージしています。

イメージしていると、「しっくりこない」ものや「もれていたもの」が出てきたので、こちらも足し引きしています。

日記

私は、「3年日記」を使っています。沢山書く必要はないので、これで十分です。

エクササイズ

エクササイズは、部屋の中でDVDを見ながら簡単な体操をしています。ジョギングやウォーキングもいいのですが、難点は「天気が良くない時に気持ちが折れること」。
30分も出来ない時には、「スクワット20回とガーフレイズ20回」などと、簡単コースも考えていますので、三日坊主にはなりません。

気を付けているのは、これは、「痩せるのが目的ではない」ということ。あくまでもウォームアップのためですので、余計なストレスはありません。

最後に

「早起きがいいことは分かっている。でも、朝が弱いから出来ない。」という人。
すごくよく分かります。
「自分の人生を変えるためには、行動を変えなければならないことは分かっている、でも何からやれば?」という人。

もし、1時間早く起きるのが無理ならば、30分のショートバージョンを作っておき、30分の早起きから始めるのも一案かと。

とにかく、一度やってみると、とにかく朝から気持ちがいい。そのために、「早く寝よう」という気持ちにもなります。
この本を読んで、早起きにトライしてみませんか?

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします!役立つ情報をお届けします。