仕事・英語・本・ねこ・グルメについて書いています。

2017年に読んだ本ベスト3を選んでみたよ

今日は2017年、大晦日。
今年はあまり読書ができませんでした……。とはいえ、いい本ともめぐりあえました。

それでは、今年読んだ本の中から、私に影響を与えたと思う本ベスト3を選んでみました。

1位 勝間式超ロジカル家事

これは、「勝間和代さんのすごさを身をもって知った」本。とにかく面白かった。どう面白かったかは記事に書きましたが、本当の「すごさ」は、勝間さんがテレビに出た日にアクセスがすごくて驚いたことです。


2位 エッセンシャル思考 グレッグ・マキューン著 高橋 璃子訳

私達は、「やるべきこと」に振り回されて毎日を過ごしていますが、その「やるべきこと」は本当に自分の人生にとって大切なことなのか?を考えさせられました。

言われてみれば当たり前のことですが、「何かを始めるためには、何かを捨てなければならない」のです。モノだけでなく、行動も、捨てるものを選ぶのは、とても難しいことです。


3位 『スライト・エッジ』ジェフ・オルソン著・藤島みさ子訳

「コツコツ型の人が勝利する」のは最近、いろいろなところで言われていますよね。それを肚落ちさせてくれた本。

自分は「短期決戦型」だとずっと思ってあきらめていたんですが、それだと息切れしてしまい、何も続かない。「コツコツ型」になるぞ、と思いました。


最後に

2018年は、もっと読書の時間をとります。そして「2位」の本に書かれているように(何かをするには何かを捨てる)、そのかわり、ネット滞在時間を管理して少なくします。

Photo by Gábor Juhász on Unsplash

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします!役立つ情報をお届けします。

SNSでフォローする