仕事・英語・本・ねこ・グルメについて書いています。
9月30日(日)第4回 キャリアの見直し・三時間半で職務経歴書を書き上げるワークショップ@東京を開催します。

転職する・しないは関係ありません。キャリアの見直しをして、現在の仕事あるいは転職でステップアップしませんか?
詳しくはこちら ↓

ビーツははどう料理?まずオーブンで蒸し焼き。

ビ-ツ 料理 レシピ

最近、日本でもたまに売っているのを見る、ビーツ。ファーマーズマーケットで買いました。

どんな野菜?

さてビーツ、一見、赤カブのように見えますが、違います。
ヨーロッパでは普通にある野菜で、色もきれいですが、栄養があって、「飲む血液」と言われているとか。
赤カブと違うところは、切って、中も赤いことと、かなり堅いこと。

食べ方

ビーツを使った有名な料理は、ロシアのボルシチですが、今回はサラダケーキに。以前、ウズベキスタン人のおうちに招かれた時、前菜で出てきたものです。

下準備

最初に柔らかくなるように火を通す下準備はボルシチでもサラダでも同じ。塩とオリーブオイルを振り、アルミホイールに包みます。

そして、200度に加熱したオーブンへ。加熱時間は、ビーツの大きさにもよりますが、今回は、200gのビーツで45分でできました。

お箸を刺してみて、通るかをチェック。そして冷めたら皮をむきます。


皮をむいたところ。

サラダケーキを作る

別途、ポテトサラダを準備します。今回はたらこと生クリームを入れてタラモサラダにしましたが、ツナ缶を入れても美味しいです。
ビーツを切ります。

そして、ポテトサラダの上に盛り付けていきます。

完成。

まとめ

ビ-ツの食べ方、下準備がちょっと面倒ですが、皮さえむいてしまえば簡単です。
私は、買ってきたらまずその日に下準備をし、翌日に食べています。

鮮やかな色ですが、クセはあまりないと思います。私はこの色が可愛くてすきですね~。あっ、水煮してある缶詰も売ってますね。

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします!役立つ情報をお届けします。

SNSでフォローする
関連記事(広告含む)