仕事・英語・本・ねこ・グルメについて書いています。
9月30日(日)第4回 キャリアの見直し・三時間半で職務経歴書を書き上げるワークショップ@東京を開催します。

転職する・しないは関係ありません。キャリアの見直しをして、現在の仕事あるいは転職でステップアップしませんか?
詳しくはこちら ↓

日経WOMANさんの取材を受けました。11月号掲載予定です。

日経WOMAN ウーマン

2018年9月5日に、日経WOMANさんの取材を受けました。取材は初めてで、とても緊張しましたが、終始なごやかな雰囲気でとてもいい経験になりました。

日経WOMANさんから職務経歴書についての取材依頼が来た!

このプログ経由で、8月29日に日経WOMANの編集部の方から取材依頼がありました。

私のブログやワークショップでの「転職する、しないにかかわらず、職務経歴書を書くといい」というのが「面白いね!」と興味を持っていただいたそうです。

都合のいい日時をいくつかお伝えし、ちょうど一週間後に取材を受ける日が決まりました。

撮影があるらしい

最初の依頼の時に、撮影あり、と明記されていました。

ここんとこ体重がMAXでしたが、数日ではどうしようもありません。やはり、いつ何があるかわからないので、日頃から準備しておくべきですね……。

しかし、いったい、どの程度の大きさの写真なのだろう?と、早速、情報収集のために近所の本屋さんで買ってきた、日経WOMAN9月号を見ました。

すると、1~2ページでとりあげられている方の写真は、一円玉より小さいし、顔だけ。ということで、すっかり(ひとりで勝手に)安心しました。

取材当日

写真は顔だけ(私が思い込んだだけ)とはいえ、きちんとした服に着替えて訪問。日経BP社は、私の以前勤めていた会社の近くにあって、駅は六本木一丁目。

教えていただいていた番号にかけると、早速撮影室へ案内していただきました。会議室と撮影室を行き来するのも大変だから、と、撮影室の一角でインタビュー開始。

手前に編集部のお二人が座っています。
日経WOMAN

私自身の経歴やワークショップの内容などについていろいろ質問されます。そして当然ですけど、お二人とも、とってもソフトで話を引き出すのが上手。1時間弱たったところで、いったんお話はやめて、プロフィール写真撮影へ。

プロフィール写真撮影

「よろしければ、お化粧直してきてください」と言っていただき、台風後の風で乱れた髪や、お化粧を直して、撮影。

カメラマンさんは、モデルさんや女優さんを撮っているプロの方だそう。ますます緊張して、当初顔がひきつっていましたが、こちら側で編集部の方が笑わせてくれて、笑顔で写真におさまりました。
日経WOMAN
そして、勝手に「顔だけ」だと思っていたのですが、上半身だということが判明。ちゃんとした服着て行ってよかった……。

その場で見せていただいたのですが、プロの方が撮ると、本当にきれい。載る写真が思ったより多少大きくても大丈夫そうです。

取材終了

撮影をはさんで、またインタビューに戻りました。残りの質問にお答えして取材終了。これで約2時間。

感想

私が載るのは1ページ強だそうです。そのために、カメラマンと部屋を準備して、編集部の方二名でインタビューを二時間もするわけです。これを積み重ねて雑誌を一冊作る。それを毎月……。気が遠くなります。

そして、編集部の方の話に何度も出てきた「読者の方の役に立つように」という言葉。自然に何度も出てきたので、いつもそれを考えていらっしゃることがよくわかりました。

私がお話させていただいた内容が、読者の方のお役に立つといいな、と私も心から思っています。

日経WOMAN 11月号掲載予定(10月6日発売)です。

(添付の写真を使ってブログ記事にすることについて、日経WOMANさんに了承を得ています。)

日経WOMANさんが興味を持ってくださった内容のワークショップ9/30(日)はこちら

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします!役立つ情報をお届けします。

SNSでフォローする
関連記事(広告含む)