仕事・英語・本・ねこ・グルメについて書いています。

鋼(はがね)の心臓に毛がボーボー。うらやましい営業部のおじさん【その2】

前回は、私が何度怒ってもまったく響かず、いつも機嫌のよい営業部の管理職Aさんについて書きました。


当時の私は、そのおじさん達の売っている商品の経理を担当していたんです。

そして、同じ営業部で、実際にセールスで外を回っているBさんも、すごい心臓の持ち主でした。

いつも請求書を大至急払うのはなぜ?

Bさんはしばしば私のところに請求書を持って現れました。そしていつも、「これ、大至急払ってください」と言って去っていく。

会社から外部への支払は、月末に支払うのが普通です。

前月分の請求書は、大抵どの会社も第3営業日くらいには発送します。それを受領して承認を得てから経理に提出すれば、月末払いにはらくらく間に合うはずなのですが……。

Bさんは、いつも「大至急払ってくれ」と持ってくるので、カレンダー外の支払をしなければなりません。

請求書日付を見ると、何か月も前のもの。いったいどうしたのか?

机の引き出しに入れたまま忘れている

その理由は……。

どうも、請求書が送られてくると、Bさんは、どうしたらよいかわからず、まずは机の引き出しにしまう。そして、忘れてしまうらしいのです。

結局、それを見つけるのは、何か月も入金がないからと先方が怒って電話をかけてきた時。

だから、いつも「大至急支払ってくれ」になってたんです。

提出書類がひどい

請求書の社内処理をしたことがある方ならわかると思いますが、請求書には内訳が必要です。何を買ったのか。あるいは、どんなサービスを受けたのか?

それがわからないと帳簿につけられません。

そこで、費用を使った部署は、その内訳がわかる明細を添付して経理に提出してきます。もちろん、その明細にある数字と、請求書の数字は一致しなければなりません。

しかし、Bさんの請求書に添付してある書類はひどい。

同じものが複数あったり、全く関係のないものがはいっていたりと、めちゃくちゃなのをカシャッとホッチキスでとめてある。

合計も合いません。いつも提出後に何度も電話する羽目になりました。

費目リスト無視

また、Bさんの請求書には、それが「どの費目なのか」についても書いてありません。

『○○に使った△△の費用』

と書いてあるのですが、そんな費目はないぞ!

また、営業部には、予算の担当者Cさんがいます。

Cさん経由で請求書がくるのですが、Bさんの請求書には予算担当者Cさんのポストイットが貼られています。

『何のことやら私にはさっぱりわかりませんので、ご質問はBさんに直接お願いします』

とりまとめの担当者にも見捨てられているんです。

私が何度怒っても、まったく変わらないBさん。

まぁ、セールスパーソンは、クレームにも慣れてるので、社内の人にうるさく言われたくらいでは響かないですよね……。

Bさんについての驚愕の事実がわかる

そんなこんなで私のブラックリストに入っていたBさん。私、ホントに怒ってました。

しかし、その後、驚きの事実がわかります。

それはBさんが、

『一人でそのビジネスの1/3を売っていた』

トップセールスだったこと。

そこの部署にはほかにもセールスパーソンが沢山いたのです。きちんとしてて請求書に不備がないから、ほとんど会ったことがない方たちが。

Bさんは、その中で「ダントツ」だったよう。

人には得意・不得意がある

私が担当のあいだ、テキトーな請求書を経理に提出し続けたBさん。まさか、そんなにセールスに長けていたとは!

そういえば、Bさんが請求書を持って経理に来た時、携帯が鳴ったことがありました。「お電話ありがとうございます。」と言って電話にでたBさんはとっても丁寧。

そうそう、言い忘れましたが、Bさんは、私に対しても、応対はとてもソフトでした。

しかし、「極端に事務が苦手」という人だったんです。

『人には得意・不得意がある』

この時ほど、この言葉を思ったことはありません。

逆に私が営業部でセールスをしていたら、売上を上げられずに毎日上司に怒られていたかも……。

自分がやってる仕事って誰でも出来ると思ってしまいがち。反省しました。

この記事を読んだ方によく読まれているのはこちら。

Photo by David Clode on Unsplash

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします!役立つ情報をお届けします。

SNSでフォローする
関連記事(広告含む)