英語のスペルを伝える方法

英語のスペルを伝える方法です。 スペルの伝えかたは、例えば、わたしの苗字は東福(とうふく)ですが、外国人には口頭では伝わりにくい。ではスペルで、と、T(ティー)O(オー)F(エフ)U(ユー)K(ケー)U(ユー)ですと、今度はそれぞれの音が短いので伝わらない。 こんな場合、英語では「Tiger T(タイガー、ティー), Orange O(オレンジ、オー), France F(フランス、エフ), Union U(ユニオン、ユー), King K(キング、ケー), Union U(ユニオン、ユー)」と頭文字の同じ単語を使って伝えます。 わたしの苗字は、日本語でも伝わりにくいので、「ひがし『東』に福岡の『福』で、東福です」と伝えますが、これの英語版だと思ってください。 日本語だとすぐに説明できる漢字ですが、英単語はすぐに思い浮かばないかもしれません。アルファベット全部について、一度決めておくとスムーズです。わたしの例を挙げますので、これを参考に、サッと出てくる単語でオリジナルを作りましょう。 気をつけるのは、誰でも知っていて音がとらえやすい単語にすること。例えば、ZはZooを思いつくでしょうが、音が短くて聞き取りにくいので、Zebraにしてあります。 国の名前をメインに作っていますが、D はDavidみたいによくある名前で説明するひともいます。また、TはTaiwan、HはHongkongだと発音しやすいのですが、中国のかたと話す場合も考えてほかの例も書いています。
AAmerica
BBritain
CCanada, China
DDesk, Denmark
EEngland
FFrance
GGermany
HHungary, Hongkong
IItaly
JJapan
KKing
LLondon
MMary
NNetherland
OOrange
PParis
QQuestion
RRoma
SSweden, Switzerland
TTiger, Thailand
UUnion
VVictory
WWashington, World
XX-ray
YYellow
ZZebra
Photo by Outcast India on Unsplash

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします!役立つ情報をお届けします。

関連記事(広告含む)