仕事・英語・本・ねこ・グルメについて書いています。

ねこ、うとうと。「おやつ食べる?」がばっ。 ねこに話しかけよう。

スポンサーリンク

うちに猫が来てから、5ヵ月になる。ペットは飼い主に似るというけれど、だんだん食い意地がはってきた。

最初は、私の足元にくっついて家の中を移動していた。そして名前を呼ぶとふさっと尻尾を立てて「きゅるる~」と鳴いて走って来るところが「犬みたいなねこ」だった。

しかし、少しずつ大人になっているようで、最近は気まぐれ。

名前を呼んでも来る時と来ない時がある。後ろ姿が見えている時耳が動くので、名前を呼ばれていることはわかっていて、聞こえないふりをしているのだ。

しかし、「たんぽぽ、どこ?」「おいで~」と言っても静まり返っているのに、「たんぽぽ~、おなかすいた?」とか、「おやつ食べる?」と聞くと、姿が見えなくても、どこからか私の所に速攻で走って来る。(狭い家だが、ねこは気配をすっかり消すことがうまい。)

とってもゲンキンだが、ゲンキンすぎて笑ってしまうし、言葉が通じているのが楽しい。

これは、うとうとしている時に、「おやつ食べる?」と言ってみたところ。がばっと起きて、目が輝いてる。

(もちろん、反応が面白いからといって、うそはいけない。ちゃんとおやつはあげる。)

そして、おなかがすくと、椅子に座っている私の足元に来てお座りをし、下から見上げて「きゅるる~」と何度も鳴く。「おなかすいた~おやつ~」といったところか。

ねこが私の言葉を理解するとより楽しいと思うので、なるべく話しかける。また、同じシチュエーションでは同じ言葉を使うようにもしている。

ヒトの子どもと同じで、話しかけるとねこの脳の発達にもいいらしい。

室内飼いだと、危険がないぶんあまり日々変化がなくて、退屈して食べ物により興味がいくのかも・・・。一頭飼いの難しいところ。(沢山遊んであげてはいる。)

追記 この記事は、2017年2月のブログ内人気記事ベスト5に入りました。2月の人気記事ベスト5

今日のたんぽぽ。シッポが静電気。冬毛でもこもこ。

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします!役立つ情報をお届けします。