料理、本、仕事などについて書いています。

ゴーストインザシェルを観て来ました!純粋に楽しめる映画。

スポンサーリンク

原作では日本人の主人公をスカーレット・ヨハンソンが演じ、メインの配役を白人にしたことを問題視されている実写映画ゴーストインザシェル

結論から言うと、純粋に楽しめました。

原作と実写映画との違いは?

20年以上前、1995年に映画化されたアニメの原作も観ました。これはこれで、特に20年も前のものとは思えぬ描写。音楽もマッチしていて、当時人気が出たのもうなずけます。

そもそも原作はアニメで主役の少佐は鼻筋の通った美人。いわゆる典型的なアジア人の顔とは異なります。ですから、“原作はアジア人なのに!“というがっかり感はありません。

最初に書いた問題は、配役の良し悪しよりは映画業界における人種差別の問題。

北野たけしさんや、日本人のベテラン女優(見てのお楽しみ)も出演。

むしろ、原作のイメージを損なわないよい配役だと感じました。

実写とストーリーは似ていて少し違います。アニメよりもよりストーリーが分かりやすく、エンターテイメント性を追求した内容になっています。

ホラー映画ではないけれど

事前に期待していなかったこと。この実写版、音響や映像のスピード、カメラワークで、“怖っ”とスリルを感じる箇所が沢山あり,純粋に楽しめます。

無機質な描写の建物内とは対照的に、外は混沌とした闇市のような空間。雰囲気があります。

未来都市の描写はブレードランナーの延長線?

ハリソン・フォード主演の1982年公開の映画「ブレードランナー」。この映画以降、未来都市の描かれ方が決まった気がします。

それは、無機質な美しいビルの集合ではなく、中国と日本が混ざりあった、香港の九龍のような混沌。

このゴーストインザシェルも同様で、それだからこそ、何が出て来るかわからない恐怖をかきたてます。

まとめ

原作の良さを活かしながら、ストーリーを分かりやすくしてあります。スリルもあって純粋にエンターテイメントとして楽しめる映画です。

ゴーストインザシェル

1995年の原作はこちら↓