仕事・英語・本・ねこ・グルメについて書いています。

一番カッコイイ奢り方。誰が奢ってくれたかわからない。でも今でも心に残っている。

スポンサーリンク

奢ってもらったのだけど、誰が奢ってくれたかわからない。そんな経験、ありますか?

何時のこと?

あれはバブルの終りの頃。
私は新卒で入った会社を数年で辞めて専門学校に4ヶ月ほど通った後、就職活動をしていた。

まだ景気が良かったとはいえ、そもそも転職が一般的でなかった頃。女性差別も色濃くて苦戦。最初の会社で大したキャリアを付けられていなかった(だから辞めたのだが)のも痛かった。

場所はどこ?

ある日、大学の同じゼミの友人の男性と二人で、銀座のお寿司屋のカウンターに座って話しこんでいた。

銀座のどこだったのか、詳しい場所は覚えていない。銀座といっても高級店ではない。回転寿司ほどではなくてもそこそこリーズナブルな値段で食べられる路地裏の小さい人気店。

隣にうらぶれたパチンコ店があり、友人は大抵そこでパチンコしながら席が空くのを待つ。そして寿司屋の見習いの男の子が呼びに来てくれると、残ったコインをその子にあげていた。

その後そのお寿司屋さんは地上げでなくなったと聞いたので、今その場所にはビルが建っているのかも知れない。

何でそうなった?

食べ終わって友人が店の奥の会計に行ったら、血相変えて外で待っている私のほうに走って出てきた。まばらに人が行き来する細い路地をきょろきょろと見廻す。

聞いたら、私の左側に座って一人でビールを飲みながらお寿司を食べていた男性が、「隣の二人は大学の後輩みたいだから、ここまでの勘定を払っていく」と奢ってくれたらしいのだ。

レジを預かっているおじさんが私達に知らせようとしたのだが、「いやいや、言わなくていいから」と言って出て行った。それほど経っていないようだったので、友人は急いで探そうとしたわけだ。

私は彼の方を見て話していたので、左隣にどんな人がいたのか見ていない。

思い返せば、

ハローワークに行った話。少ない給付金。
履歴書に貼る証明写真の焼き増しを頼みに行ったら、3回目に写真屋さんが気の毒そうに目をふせたこと。
外国人と面接したら、訛っていて全然言ってることがわからなかったこと。

景気がいい世間とは対照的に、私はそこで惨めな話に終始していた。

そして彼が、「〇〇大学の〇学部出てたって、社会に出たら関係ないからさ~」みたいなことを言ったのだと思う。

私の不景気な話と私達の大学名が、たまたま私の隣で一人で飲んでいた男性の耳に入ったようなのだ。

いつか、やってみたい。

人生のとても辛い時に知らない人に御馳走になった。それは心にしみて、へこんでいた当時の私をとても励ましてくれた。

見ていないので、どんな人かもわからない。そして、その時の友人は急な病でその3年後に亡くなっていて、もう誰ともこのことを話さない。でも、今でも心に残っている。

 

知らない誰かに匿名で御馳走する。それも、絶妙なタイミングで。

いつかやってみたい、一番カッコイイ奢り方である。

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします!役立つ情報をお届けします。