仕事・英語・本・ねこ・グルメについて書いています。

レコーディングにコーラス参加しました@音楽家の聖地ビクタースタジオ

スポンサーリンク

東京・千駄ヶ谷にあるビクタースタジオに、レコーディングに参加するために行って来ました!
歌手のレコーディング風景を映像で見たことがありますが、実際に見て感動ひとしおでした。

なぜ、レコーディングに参加?

レコーディングといっても私に音楽の素養がある訳はありません。

カウンセラー・作曲家の大塚彩子さんが、ご自身作詞・作曲・プロデュースのCDを作るのに、FBで「素人音痴OK、楽譜なし」のコーラス要員を募集していてそれに申し込んだのです。

当日、独自に準備に入る

そもそも作曲家の私。オリジナルを微妙に変えて独自のメロディーを紡いでしまう(えっそれってお〇ち?)ので、皆さまにご迷惑をかけないよう、奈々太郎さん(TOEIC関連記事多数のブロガー)と事前準備。
代々木駅前の「歌広場」にてそれぞれ個室で1時間練習しました。

スタジオへ

東京・総武線の千駄ヶ谷駅から徒歩10分。スタジオに着きました。

ビクタースタジオ外観。窓のない、背の高い建物です。

正面には、懐かしい犬がいます。

いよいよレコーディング

18時20分ですが、途中ですれ違った方から「おはようございます。」の挨拶。音楽業界はこうなのですね~。

ここがスタジオ入口。

中は天井が高い。高いところにマイクがあります。ガラスの向こうがコントロールルーム。

こちらを耳につけて曲を聞きながら歌います。もうメインボーカルと伴奏は入っています。私達の後に管楽器の録音があるので伴奏もまだ未完成。

正面右に彩さんと左にメインボーカルのかた。彩さんの「こんな感じで」の説明のあと、メインボーカルの方のメロディーに合わせて繰り返します。当然ですが、さすがに歌うまい。

思ったより広いです。22人のコーラス、余裕で入りました。

5~6回歌ったでしょうか。毎回全部の曲を流すのではなく、コーラスがいるところだけ。
効率よく録音し、1時間の予定でしたが、45分くらいで終了。

感想

コーラスというよりは、コンサートでの「合いの手」みたいな感じだったので、私でも何とか大丈夫でした。後で録音を聞かせてくれたのですが、「皆んなうまい!」と思いました。

ビクタースタジオは、音楽家の方の憧れの聖地と言われる「レコーディングならここ」という場所なんだそうです。一流アーティストの経験ができました。

CDは7月中旬に発売予定。アーティスト名は「東京チャンバアズ」。
コーラス隊は、CDのクレジットに名前が載るそうです。「ふくちゃん」と載る・・・。楽しみです。

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします!役立つ情報をお届けします。