仕事・英語・本・ねこ・グルメについて書いています。

ねこの写真をうまく撮りたい。モデルはいつもと違うねこにお願いしました。

スポンサーリンク

ねこの写真は難しい

我が家のねこ様たんぽぽ(オス)。
家にいるからいつでも撮れる、と思うでしょうが、なかなか面白いショットは撮れません。

いい写真を撮るためには

いい写真を撮るためには、色々な角度・方向から撮ってみる、ということをどこかで読みました。

今日は、格好のモデルがいましたので、早速トライしてみました!

モデルは、ブロガーの立花岳志さんのねこ、ソルちゃん。場所は立花さん宅のセミナールーム(広い)です。カメラマンの私のスペースもたっぷり。セミナーの休憩時間にモデルをお願いしました。

写真撮影、実践。

上から。

足元から。肉球が可愛い。顔は奥にちゃんとあります。

ヒトっぽい。これは面白い。

セクシィポーズ。

左右、正面。

 

あなたは、どれが一番いいと思いますか?

なぜ、飼い猫の撮影がうまくいかないか

立花さん宅は、モノが少なくてかつスペースが広い。これ、ウチとは真逆です。スペースはどうにもなりませんが、せめてモノを減らさないと。

また、モデルのソルちゃんは堂々としていて、私がカメラを構えても逃げないし動かない。

たんぽぽは、私がカメラを向けると動くか、いなくなってしまうんですよ。たんぽぽももう大人ではありますが、これからどっしりとした貫禄もつけてほしいです。

最後に、私が一番気に入った写真。

こちらにも、同じモデルさんの写真、あります。奈々太郎さんのブログミントフラッシュ

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします!役立つ情報をお届けします。