仕事・英語・本・ねこ・グルメについて書いています。

東京・広尾「アンティキサポーリ」イタリアン。美味しい前菜いろいろと気持ちのいい空間。

スポンサーリンク

東京・広尾にあるイタリア料理のオステリア、「アンティキサポーリ」のランチに行きました。ゆったりしたスペースで、ちまちまと沢山出て来る美味しい前菜を楽しめます。

場所はどこ?

東京・地下鉄日比谷線の広尾駅3番出口から大通りに沿って右手に歩いて徒歩5分。3番出口は駅から離れているので、駅から10分くらいを見込んでください。

お店は大通りに面していますのでわかりやすいです。

どんな雰囲気?

都心のレストランにしてはめずらしく、スペースを大きくとってテーブルを配置してあるので、広くて気持ちのいい空間です。

石畳のような床、ウッドをベースにしたカジュアルで温かみのあるインテリア。


私が行ったのは、土曜日のランチ。中年以上のお洒落をした方たちが多く談笑していました。

アンティキサポーリはオステリア(大衆的な食堂)を名乗っています。

しかし、コース料理があり、布のテーブルクロス、ナフキンが用意され、雰囲気もいい。この区分けはあまりあてにはならないかも知れません。夏でもビーサンに短パンの服装では浮くと思います。

お手洗いも広くてきれいなので、特に女性のグループやデートに向きそうです。

メニュー

ランチのコースは2,700円、 3,700円、 4,600円(2017年10月現在・税抜き)の3種類。3,700円のコースからはメインの肉料理がつきます。

そしてどれもパスタは40gですので、パスタで満腹になってしまってデザートがはいらない、という心配がありません。

料理

私が当日注文したのは2,700円のコース。女性にちょうどいい量だと思います。

4名で行ったのですが、それぞれ1種類のパスタを選ぶかわりに、4名で2種類のパスタを頼めばシェアして運んでくれるとのこと。20gずつ2皿いただけるので、迷わずそうしました。

美味しい前菜の数々。4品あります。

チビスープ。

以下、生ハムまでは二人前です。


4人でパスタ2種類を注文したので、一人2種類ずつシェアしてもらえました。普通に注文するとパスタ一種類を倍の量になります。

こちらもパスタです。

デザート。

ムース。

自由につまめる、アーモンドの砂糖がけと、自家製オレンジピール。このオレンジピールは絶品です。

写真はカップチーノですが、これ以外にコーヒー・紅茶、食後酒から選ぶことが出来ます。

感想

このお店はイタリアのプーリア地方のお料理だそう。プーリア州を調べたら、靴の形をしたイタリアのかかとの辺り。南の方です。

手のこんだ家庭料理で優しい味、とても美味しいです。日本人好みの「いろいろな種類を少しずつ」にぴったり合ったコンセプト。雰囲気もいい。

このお店、最初に行ったのは、着物の新年会でした。中のスぺースは2つに分かれていて、20名くらいの小スペースと50名くらいの大スペースがありますので、大きい集まりにも向きます。

お店は広いですが、貸切があると入れないので、事前に予約することをお勧めします。

Antichi Sapori
Antichi Sapori
ジャンル:南イタリアプーリア料理
アクセス:地下鉄日比谷線広尾駅 徒歩4分
住所:〒106-0047 東京都港区南麻布5-2-40 日興パレス1F(地図
姉妹店:アル バーチョ  | ギオットーネ
ネット予約:Antichi Saporiのコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 広尾×イタリアン(イタリア料理)
情報掲載日:2017年10月23日

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします!役立つ情報をお届けします。