仕事・英語・本・ねこ・グルメについて書いています。
キャリアの棚卸しと職務経歴書を書き上げるワークショップ

2017年11月19日(日)に開催しましたワークショップ、おかげさまで大成功でした。
ご参加ありがとうございました。その時の様子はこちら

東京・浅草橋「ふじ芳(よし)」うずら鍋のお店。お刺身も美味しい。 駅から近い。

スポンサーリンク

東京・浅草橋にある、うずら鍋で有名な「ふじ芳(よし)」に行ってきました。お刺身も美味しくて、お値段もリーズナブル。おすすめです。

どこにある?

JR総武線、浅草橋駅西口から徒歩1分。総武線は御茶ノ水・秋葉原・四ツ谷方面から来ると電車の最後尾が近いです。


西口改札を出たら、駅を背にして高架線の反対側を線路沿いに歩きます。すると、浅草橋駅西口交差点が見えるので、横断歩道を渡ります。

渡ってすぐに、右手の道に出たライトの看板があります。


お店の正面はこんな感じ。

「今日のおすすめ」の黒板が外に出ています。

どんな雰囲気?

1階はカウンター、2階はお座敷の、小料理屋という風情のお店。入口を入ると着物に割烹着のおかみさんがカウンターから出てきて迎えてくれました。

友人や同僚で、楽しく過ごすのに向いています。
1階のカウンター席でもうずら鍋はいただけて、しかもお鍋の面倒はお店の人がみてくれるので、カウンター席ならカジュアルなデートにもいいでしょう。

メニュー

飲み物


お刺身、左下にコース料理があります。3,500円から。

一品料理

料理

今回は、3,500円の一番お手頃なコースをいただいたのですが、女性二人には多めで、うずら鍋の最後の雑炊を泣く泣くパスしました。一つ上の4,200円のコースには柳カレイがつきます。
お通し。

煮物のおばんざい盛り。味がしみていて美味しい。

お刺身の盛り合わせ。ちょっと食べちゃいました。

海老しんじょ揚げ。アツアツです。

天つゆも出てきます。

うずら鍋。うずらを軟骨も一緒に叩いてあり、あっさりしたお味。お鍋の面倒はお店の人が見てくれます。食べ終わったらお店の人がお鍋を下げて、雑炊を作ってくれるらしいです。(今回は食べきれずにパスしました。)



感想

珍しいうずら鍋だけではなく、お刺身も煮物も美味しくて、内容を考えるとお値段が安い。カウンター席は、お一人でお酒とお鍋を楽しんでいる方もいました。

11月の終りに行ったのですが、12月の予約はもう満席だそうです。
人気のお店なので、予約をするのが確実です。

また、サイトから予約も出来ますが、電話予約の場合は、開店時をさけて11時~16時にしてくださいとあります。私も11時すぎに電話しました。(4日前。)

量的には、うずら鍋の一人前が多めなので、女性3人にうずら鍋2人前くらいがちょうどいい。うずら鍋は人数より少な目にして、あとはおなかと相談していろいろ頼むのがよさそうです。

もちろん、おなかをすかせていって、コースを頼むのもありかな。
姉がお友達から教えてもらったお店。こうやって、美味しいお店は人気店になっていくのね。

たんぽぽ
支払いは現金のみだから注意してね。

お店のサイトふじ芳(よし)
うずらのお取り寄せもあります。

関連ランキング:割烹・小料理 | 浅草橋駅馬喰町駅馬喰横山駅

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします!役立つ情報をお届けします。