仕事・英語・本・ねこ・グルメについて書いています。

日本語の「ラリルレロ」のローマ字表記、外国人にわかりにくいのは発音と違いすぎるから

小学校で学ぶ「ローマ字」。日本語の「ラリルレロ」を「Ra・Ri・Ru・Re・Ro」と表記する、と習います。
町なかでは人名・駅名も表記されていますが、実はこの表記、アルファベットの国の外国人からすると、とてもわかりにくいのです。

ラリルレロの発音は、RよりもLの発音に近い

日本語のラリルレロの発音は、RよりもLの発音に近いです。おそらく「ラリルレロ」をRの発音で話している生粋の日本人はいないでしょう。日本人が、初めて英語を習うときにRの発音に苦労することが多いのは、私たちが発音しない音だから。

それなのに、日本語の個人名・駅名のラリルレロはRで表記されています。

外国人が道を尋ねると

例えば、外国人が道を尋ねるとしましょう。
「有楽町駅はどこですか?」とRの発音で日本人に聞く。すると、日本人はLの発音で答えます。日本人で、有楽町のRを英語のRで発音する人はいないからです。

外国人に時々「どうして日本語のラリルレロ表記はLでなくてRなの?」と聞かれるのですが、私もどうしてなのか、わかりません……。

人名の表記もR

実は、日本人にも時々不都合が出ています。

例えば、日本人の女の子の名前に、お花の百合をイメージして、「リリ」とつけたとします。その子が外国旅行に行くとなり、パスポートを作る時、「Lily」にしたくても、「Riri」にするように言われます。

日本語のラリルレロは、Ra Ri Ru Re Ro に対応するから。

戸籍にアルファベットはないので、従うしかないのでしょうか……。

まとめ

日本語の名前や地名・駅名のアルファベット表記。日本人ばかりか、外国人にもわかりにくいです。

日本語の音に近い、Lの表記にしてくれないでしょうか?

この記事を読んでいる方は、こんな記事も読んでいます。

Photo on VisualHunt

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします!役立つ情報をお届けします。

SNSでフォローする
関連記事(広告含む)