仕事・英語・本・ねこ・グルメについて書いています。

「あの世はある」 黄泉の国からの訪問者

スポンサーリンク

このテの話が苦手な方は、この先を読まないでください。

以前にここの「魂は存在する」という記事で、一時期私の霊感が強かったのか、不思議な体験をしたことを書いた。そして、まだ他にもあるので、「あの世はある」というテーマでいずれ書きますとしていた。お盆も終わった夏の間に書いておきたい。

魂らしきものを見た、その前年。事情で姉と一緒に住むことになり、引っ越したばかりだった。

たまたま大学の同じゼミの仲間も近所だとわかり、仲の良い5人でうちに集まって飲み食いした後、今度はゼミ仲間の家に行き、飲み直して旧交を温めた。

その半年後くらいだったと思う。その中のM君が結婚した。そして結婚の2ヶ月後、急な病で突然救急車で運ばれ、そのまま亡くなってしまった。

当時、NHKで、チベット仏教についての特集をやっていて、たまたま姉と見ていた。チベット仏教は輪廻の思想で、死者は家族や友達に会いにいった後、生まれ変わる。

さて、M君が亡くなって数日後。私はなぜかあまり良く眠れずにいた。あとで聞いたら、姉も寝付けずにうとうとしていたそうだ。

夜中に、「ギィーッ」という音で目を覚ました。ドアが開いた音。そして、足音がこちらへ近づいてきた。その足音は、居間(姉と私の部屋は、両方が居間に続く、いわゆる“振り分け型”の間取り)に来て止まった。

私は怖くて、どきどきしてじっとしていた。しばらく時間が経った。何も起こらない。部屋は真っ暗だが、デジタル時計を見たら午前2時過ぎ。その後、私はそのまま寝てしまった。

翌朝、姉に聞いたら、姉もそのドアの音を聞いていた。
その時、私はすぐにわかった。それはM君が、あの世からドアを開けて訪ねて来た足音だったのだ。

「あ、それ、M君だ。M君が来たんだ。」

「お姉ちゃん、ちょっと聞いて」

私は玄関を始め、マンションの中のドアを開け閉めして廻った。
そのマンションは新築で私達は入居したばかり。
開けてもほせいぜい「ガチャッ」という軽い音で、「ギィーッ」という蝶番のきしむ音など全くしない。

姉と二人、鳥肌が立ってしまった。

鳥肌が立った、と書いたが、その後よく考えたら、わざわざ会いに来てくれたのだから、嬉しいと思うようになった。足音が止まった場所は、居間で、まさにゼミ仲間とパーティーをしたところ。懐かしくて、見に来たのかも知れない。

昔から、丑三つ時は、あの世とこの世の間をつなぐ時刻とされている。それは本当に違いない。

そして、おばけ屋敷で聞かれるような、古くて重いドアの開く時のきしむ音。その後、そのマンションに住んでいる間、二度とその音を聞くことはなかった。

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします!役立つ情報をお届けします。