仕事・英語・本・ねこ・グルメについて書いています。

魂は存在します。なぜか?見たことあるから。

スポンサーリンク

このテの話が苦手な方は、スルーしてください。このあと体験談です。

あれは、まだ私が20代の頃だった。横浜に、姉と一緒に住んでいた。
ある夏の日、午後8時過ぎ、最寄の駅から帰る途中、何の気なしに空を見上げたら、霞でできた生き物が右方から上下しながら飛んでくる。何か探しているような動き。

私が歩いていたのは、閉店時間が過ぎてシャッターの閉まった商店街。いつもこの時間だと、同様の帰宅の人々がちらほらいるはずだった。だから、誰かに、「あれ、何でしょう!」と指差して伝え、怖さを分け合いたかったのだが、驚くことに、なぜかその時、見まわしても私一人しか歩いていない。

腹をくくって霞の生き物の行方を見守る。するとそれは、ある家の二階の閉まった雨戸の上あたりからすっと中に入って行ってしまった。

さぁ、怖い。私は走って坂を駆け上がり、マンションの二階へと急ぎ、ドアを開けてくれた姉に、「変なもの見た!一緒に見て。」と言って、二人で窓をあけて、例の生き物のいたあたりをよくよく眺めたが、もう何も見えなかった。

姉に、その霞みたいな生き物は、何か探しているような動きをしていたこと、ある家の二階の雨戸の上からすっと入って行ったことを話したところで….姉が、「今日って、8月13日で、盆の入りだよ!」と言った。

そこの家の人が誰か亡くなっていて、帰ってきたに違いない。二階にその人の部屋があったのか、仏壇があったのか。

お盆の時に、魂が帰ってくる。帰る家がわかるように、迎え火をたく地域がある。
昔からの風習には、理由があるものがある、と納得したことだった。

後日、本当はその家に行って、教えてあげたかった。大切な人が、帰ってきてましたよ、私、見ましたよ、と。でも、いきなり私がチャイムを押して言ったら、その家の人は、何かと警戒するに違いない、とあきらめた。

ということで、最近、お墓参りに行ってきました。
困った時、心の整理になるみたいです。

この記事を読んでいる方は、こんな記事も読んでいます。



この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします!役立つ情報をお届けします。