仕事・英語・本・ねこ・グルメについて書いています。

私はイタコになれるかもしれない。カウンセリングの実習での不思議な体験。

カウンセリングの実習で、自分がイタコになったような不思議な体験をしました。尚、私は霊感がありますが、これは霊の話ではなく、潜在意識の話です。

カウンセリング講座での実習

学んでいるカウンセリング講座での実習でのこと。「カウンセラー」役を『ガイド』と呼び、『クライアント』と区別します。

カウンセラーやセラピストのための実習ではありますが、実習では『ガイド』役だけでなく、『クライアント』役もします。

私の不思議な体験は、『クライアント』役をしていた時のこと。

その実習で取り扱ったのは、「人間関係の問題」。実生活で関係のうまくいかない誰か一人を思い浮かべて行います。

他人の立場になって潜在意識に入る

その実習はこんな感じで行います。

椅子を3つ用意します。

一つは、自分自身
二つ目は、オブザーバー(第三者)
三つ目は自分と関係が良くないと思う誰か

ガイド役の人に従い、座る椅子を替わる度に、その人になったと仮定して、潜在意識に入っていきます

以上が簡単なプロセスです。

私と関係の良くない喫煙者Aさんに入る

さて、私がこの実習で『関係の良くない相手』としてとりあげたのは、Aさんという喫煙者の人です。

Aさんはヘビースモーカーなので、私はなんとかタバコをやめさせようとしているのですが、Aさんは「ストレスがあるから」と時には逆ギレするほど。深刻ではありませんが、関係は良くありません。

実習では、『ガイド』役に従って、まずは自分自身、次にオブザーバー、と椅子を替えてそれぞれの人の潜在意識に入ります。

そして、いよいよ三つめの椅子に座り、自分と関係の良くないAさんの潜在意識に入っていきました。

喫煙者Aさんのような状態になる

ここで、不思議なことが起こりました。私が、あたかも喫煙者Aさんのような状態になったのです。

依存症のイライラが始まる

過去の実習で、何度も自分の潜在意識に入っている私。いつもはリラックスして椅子に座り、眠っているかのように見える状態でした。

しかし、Aさんの潜在意識に入っていった時は違いました。私は落ち着きがなくなり、何度も座りなおしたり、背もたれによりかかっていたのが前かがみになったり、足を組みなおしたりし始めます。

それには、ガイド役の人もびっくり。

私が『Aさんの椅子』で感じたのは、怒りなどではないのですが、何となくのイライラ。とてもじゃないけれど、目を閉じてもじっと座ってはいられなかったのです。

あたかも、タバコが吸いたくてイライラしているかのような様子でした。

心臓が痛くなる

もう一つは、心臓の痛みです。

今回私が学んでいたカウンセリングでは、自分を苦しめているものが体のどこにあるかを特定し、その場所に語り掛けて癒していきます。

実習で自分自身を扱っていた時には、私の苦しみのある場所は、みぞおちのあたりでした。

しかし、今回、Aさんとして潜在意識に入っていったら、急に心臓が痛み出したのです。

カウンセリング中に、私はAさんに入りながらも、「もしかして、Aさんは心臓が悪いのでは?」と心配したほど。

尚、Aさんは喫煙者ですが、高血圧でもあり、薬を飲んでいます。

私の状態が変化した理由は?

つまり、私がAさんになったつもりで潜在意識に入っていったら、いつもの自分とは全く違う状態になったのです。

それは……

  • 依存症のイライラが始まる
  • 心臓が痛くなる

さて、この理由は何なのか?

考えられるのは3つです。

  1. Aさんが私にのりうつった
  2. 私がAさんの潜在意識につながった
  3. 情報が私の潜在意識にあってそれが出てきた

1. Aさんが私にのりうつった

まず一つめは、私がまるでイタコのようになってAさんが私にのりうつった。体験としてはこの通りなのですが、Aさんは生きていますし、説得力はありません。

このカウンセリングの講師も、「これはあなたであって、Aさんではない」と明言しています。

生霊が降りてきたわけでもありません。期待された方、残念……。すみません。

2. 私がAさんの潜在意識につながった

二つめは、私がAさんの席に座って潜在意識に入っていった時、本当にAさんの潜在意識につながった、というもの。

昔からある潜在意識の本といえば、ジョセフ・マーフィー牧師の本でしょう。

そこには、

潜在意識は海のようにつながっており、私達の個々の顕在意識は海の波頭のようなものです

といった記述があります。

とても興味深い仮定ではありますが、こちらも誰もが納得できるか、というと難しいかも……。

3. 情報が私の潜在意識にあってそれが出てきた

三つめは、「喫煙者の依存症、そして高血圧についての情報が、私の潜在意識にあった」というもの。

つまり、

喫煙者の人が、「ちょっとタバコ吸ってくる」と我慢できないという様子で席を立つ。

お酒大好きな人が、乾杯を待てずにグラスに口をつけてしまう。

といったことを私が以前に見たことがあった。

そういった『依存症になると、イライラして落ち着いていられない』という情報が私の潜在意識にあった。

それがガイド役の人により、プロセスとしてはAさんの潜在意識に入った時、実は私自身の潜在意識が、その情報により反応した、ということです。

潜在意識の不思議

私がイタコのように感じた、不思議な体験について書いてきました。

私の感覚としてはイタコですが、Aさんがのりうつったのではありません。

上記の3つめの理由で、

私の潜在意識にあったAさんの情報……喫煙者の依存症や、高血圧の症状が出てきた

のだと考えられます。

私の頭の中には、依存症になった人のふるまい方はどうか、といった情報はないのですが、それは顕在意識の話。潜在意識は、意識している頭の情報にはないものも、しまいこまれています。不思議ですね。

尚、これは「イタコ状態」についての記事なので割愛しましたが、このカウンセリングの目的は、Aさんへの負の感情の改善です。

Aさんの立場を潜在意識レベルで感じることにより、Aさんへの理解がすすみ、自分の感情が改善されます。そして結果、Aさんへの私の態度が変わってAさんも変わり、関係の改善につながる、という実習でした。

私は霊感が強いですが、今回は霊とは関係がありません。怖い話がお好きな方は、こちらの記事をお読みくださいね。

Photo by Matthew Fournier on Unsplash

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします!役立つ情報をお届けします。

SNSでフォローする
関連記事(広告含む)