仕事・英語・本・ねこ・グルメについて書いています。

ねこが飼い主の食べるものを欲しがる・・・。どうしたらいい?

スポンサーリンク

ねこは、犬と違って、躾が出来ない。そして、相手は、牛若丸のように、上下前後左右、ひらり、ひらりと自由自在に素早く動けるのだ。

 

私が何か食べると、欲しがるうちのねこ。

“欲しがる”というと、身をくねらせて、「ちょーだい。にゃー。」と可愛く訴えるのを想像するだろうか。

まず、気配を消して、そろそろと私の後ろに移動。そして、私がお箸でつまんだその食べ物を、ぴしゃ!とはたき落として、床に飛び降りて食す。

これで、私の手のパターナイフにのっていたバターを叩き落として食べてしまった。

どうして、そのまま床に寝転んでいてくれないのか。

結局、以下に落ち着いている。

バターを塗る直前におやつをあげる。

一度、私がパンにバターを塗っていてひとかけ落ちたのを、たまたま足元にいて食べてしまった。

それで、「これはうまい」と思ったようなのだ。

パン自体にはそれほどではないが、バターの入れ物を覚えていて、冷蔵庫から出すと、マークが半端ない

結局、ねこにおやつをあげて気をそらしている間にバターを塗ることで、朝食は食べられている。パンの上で溶けてしまうと、バターはねこにはわからなくなる。(わーい!)

家にいる時、ランチは食べないか、外食。

ねこは、肉汁の香りにとっても敏感だ。ねこがいる時は、危なくて調理は出来ない。

私が日中家にいる時は、ランチは食べないか、外食になった。

夕食は、ねこが寝室で寝た後、自分で作って食べている。夕食だけでも普通に食べられて良かったと思う。ねこは、なにげない日常に感謝をくれる。

追記 この記事は、2017年2月のブログ内人気記事ベスト5に入りました。2月の人気記事ベスト5

今日のたんぽぽ。 冷蔵庫の上から飼い主を睥睨(へいげい)。

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします!役立つ情報をお届けします。