仕事・英語・本・ねこ・グルメについて書いています。

「ランチーニ」魚焼きグリル用のオーブントレーを使ってみた!これは便利!

スポンサーリンク

以前に書評を書いた、勝間和代さんの本「勝間式超ロジカル家事」に出てくる、魚焼きグリルに使うオーブントレー。近所のオリンピックで1,080円で売っているのを見つけて迷わず購入しました。

買ったのは、鉄製で表面のコーティングのないもの。



中にレシピも入っていました。

蓋も付いています。外しやすいように、蓋のミミが出るようになっています。

さっそく調理!


さて、早速、買ったばかりの漬け魚を焼いてみましょう。ちなみにやま六の漬け魚は美味しいのでおすすめです。

2分ほど予熱をしてから油を垂らしてキッチンペーパーでなじませ、それから魚をのせます。

熱の回りが早いようで、いつも通りの時間では、少し焦げてしまいました。最初は、様子を見ながら焼いた方がいいですね。しかし、美味しくできました!


次は、豚トロのネギ焼き。塩胡椒で味付けをした豚肉に、刻んだネギをのせて焼きます。

これは、注意しながら焼いたので、うまくいきました。これは、このまま食卓にのせてもいけそうです。

お餅、パン
写真はありませんが、グリルだと網部分にくっついてしまうお餅、チーズをのせるととろけて落ちたぶんが下のトレーにこびりついてしまうパン*もうまくいきました。この二つ、予熱はなし、油はひいていません。

ただし、グリルの広さギリギリに使って”背の高い”イギリスパン2枚を一度に焼いているご家庭では、トレーを外さないと入らないです。
うちの食パンは小さ目なのでギリギリに2枚。

*私はトースターを持っていません。比較はトースターでなく、グリルそのままの場合です。

利点は?

私はトースターを持っていないので、魚焼きグリルは頻繁に使っています。使う上で面倒なのはそうじ。

魚や肉を焼くと網の部分と下のトレーに油がつくし、お餅は網にくっついて取るのが大変。

パンもただ焼くだけならいいですが、チーズをのせたりするとそうじする場所が増えます。

大きい網の部分とトレーを毎回洗うのは、シンクを空にしないと出来ないし大変でした。

しかし、この小さいトレーを洗うだけで済みます。

これはフライパンよりも軽くて小さく、洗うのも楽。上記の肉料理のように、そのまま食卓に出せれば単純に洗い物が一つ減ります。

洗い方は、お水を入れて2分くらい加熱してからササラで汚れをとり、お湯を捨ててグリルに戻しておくと、自然乾燥します。

購入する時の注意

いきなり買わずに、まずはおうちのグリルの中を測りましょう。魚焼きグリルのサイズはまちまちなので、売っているトレーも大きさがいくつかあります。うまくグリルにセットできる大きさを買いましょう。

表面にフッ素などのコーティングされているものとそうでないものがありますので、どちらを選ぶのか注意。私のようにコーティングがいやな場合は、鉄ですので使用後に乾かす必要があります。濡れたまま放置すると錆びるからです。

まとめ

何でも調理が出来るわけではありませんが、焼き物全般、うまく出来ました。こんなに楽なのか!と思います。蓋つきの調理もやってみるつもりです。

グリルにもよるのかも知れませんが、試してみる価値ありです。おすすめ。

私はオリンピックで買いましたが、探したら同じものがアマゾンに売っていました。

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします!役立つ情報をお届けします。