仕事・英語・本・ねこ・グルメについて書いています。

東京 六本木 フィリピン料理 ニューナナイズ だしとコクの家庭料理あります

スポンサーリンク

フィリピン料理が食べたくなり、以前に行ってここにも書いた西荻窪のアテに行こうかと思ったところ、お休みだったので別のお店を探すことに。

そして六本木のロアビルの近くに一つあることを発見。

ナナイとは、タガログ語でお母さんという意味。New Nanay’sで「新しい(移転してるらしい)お母さんの店」って感じでしょうか。そういえば、西荻窪のアテの意味は「お姉さん」でした。

場所が少しわかりにくい。六本木交差点から飯倉片町交差点方面に歩き、ロアビルの先のちょっとした商業ビルの中にあります。

メニューの名前から内容を判断するのは難しいですが、写真がついているので大丈夫。
西荻窪のアテもそうでしたが、ご飯は一つで2人分くらいあるので注意が必要です。一つ頼んで、もし足りなかったらもう一つ注文しましょう。(フィリピンの人は、お米が好きなのです。)

フィリピン料理1

写真は海老のココナッツソース煮と豚肉の揚げたもの。フィリピンは魚介類も豊富でよく食べられていて、また、日本よりもずっと肉食の文化も長いので、肉料理が得意。豚肉は揚げてあくや脂が抜けているのか、さっぱりしてカリッとしています。豚肉に添えてあるソースが美味しい。

英語が公用語のため、アメリカの影響を受けているイメージ(食べ物が美味しくない)がありますが、どの料理も出汁が効いていて、日本人の口に合います。

さぁ帰ろうか、となった頃、お隣のテーブルからいい香りが。それは、お店の人いわく「日本のお味噌汁のようなもの」というフィリピンの家庭料理のスープです。残念ながら、これ以上は食べられなかったのですが、アテでも食べて美味しかったのでお勧めです。

また、平日のお昼は1080円でバイキングがあり、いわゆる「食べ放題」は、フィリピンでも人気だそう。そういえば、西荻窪のアテも、第一・第三日曜日はランチが食べ放題だから来て、と言ってました。

下の写真は、もち米でできたデザート。

フィリピン料理2

月~金はランチあり、土曜日は夜だけ、日曜日はお休みですが、先日の月曜日は祭日でしたが夜あいていました。
New Nanay’s
New Nanay’s
ジャンル:フィリピン料理 ランチ
アクセス:地下鉄日比谷線六本木駅 3番出口 徒歩3分
住所:〒106-0032 東京都港区六本木5-16-5 インペリアル六本木1号館S-102(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 六本木×アジア・エスニック料理
情報掲載日:2016年7月25日

 

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします!役立つ情報をお届けします。