仕事・英語・本・ねこ・グルメについて書いています。

転職活動での年収交渉はどうする?タイミングは?やりかたは?

転職 年収

「年収交渉」って言葉は知っているけれど、お金の話はしにくい雰囲気があります。
年収交渉はそもそもできるのか、そしてできるとしたら、いつ、どのようにすればいいのでしょうか。

年収交渉ってどんな感じ?

転職の際の「年収交渉」。交渉というからには、現在の年収より「高い」金額にしてもらうこと。
「交渉」というと値切られたり良く見せたりの丁々発止のやりとりを思い浮かべるかもしれません。しかし、応募者本人と応募先企業とでの年収に関するやりとりは、こんな感じです。

「年収はいくらほしいですか?」に答える

まず、「年収については、応募先企業から話があるまで待つ」と下記の記事でお伝えしました。

つまり応募者と応募先企業との年収交渉は、応募先の面接官から「年収はいくら欲しいですか?」と聞かれたときなのです。

一番簡単な答えは?

一般的に「年収はいくら欲しいですか?」の質問への一番簡単な答えは「現在と同程度」です。「今勤めている会社が支払っている」という事実があるので、応募者も言いやすく先方も受け入れやすい。

もちろん今よりも責任の重い仕事について「今と同じ年収でもいいからチャレンジしたい」という場合もあって、それも先方にとって受け入れやすいです。

また、「同じ年収でもいい」はありますが、「今より低くてもいい」は応募企業から「何で?」と疑問を持たれるので特別な場合になります。何か理由がある場合はエージェントに相談しましょう。

「今より高い年収をほしい」と伝えてもいいか?

では、年収の希望を聞かれた時に「今より多くほしい」と応募先企業に伝えてもいいものでしょうか?

そもそもの募集要項にある年収の幅に収まっている必要はありますが、もっともな理由があれば、今現在より高い年収を言っても良いでしょう。

例えば、私は、当時働いていた仕事よりも明らかに責任の重いポジションに応募した時、それを理由に「現在の年収よりも高い年収」を希望したことがあります。その時は二次面接だったのですが、その面接は通りました。

引き抜きの場合は高い年収提示が一般的

また、いわゆる「引き抜き」の場合。「引き抜き」とは、現在転職活動をしていない人に現職を辞めさせて他の企業に行かせるようエージェントがスカウトすることを言いますが、その場合には高い年収の希望も通りやすいです。

今現在、幸せに働いている人を辞めさせるのですから当然かも知れません。会社にとっても、トラブルのある人を誤って採用するリスクが低いというメリットがあります。

この場合も、応募先の企業から「いくらほしいか」を尋ねられた時に希望の金額を言うのと合わせ、先方の感触がいい場合にエージェント経由でも交渉を依頼できます。

エージェントから交渉すると申し出る時もある

また、頼まなくてもエージェントから「交渉する」と言ってくることがあります。

私の経験をお話しすると、それは、たまたま2社の選考がほぼ同時に進んでいて、その2社を紹介したエージェントがそれぞれ別会社だったケース。

1社の社長面接もリファレンスチェック(応募者と過去に働いたことのある上司や同僚へ電話で応募者のことを聞く身上調査のようなもの)も終わり、オファーを待つだけになり、その旨をもう1社を担当するエージェントにメールで伝えました。

そうしたら「オファーが出たらすぐにその年収を教えてほしい。こちらの会社の年収のオファーがもっと高くなるように交渉するから。」とエージェントから電話がかかってきました。

エージェントがこういった活動をする理由。

それは、エージェントの売上は、紹介した応募者の「採用」にあるからです。採用が決まるとその応募者の年収の3割(条件によって4割~5割)を採用先企業が紹介エージェントに支払うので、応募者の年収アップの交渉は、エージェントの売上アップにつながる。

逆に言うと応募者が最終面接に進んだところで紹介したエージェントは1円にもなりません。そして、自社の紹介した企業に行ってもらうために、立地や企業の規模や上司などを魅力的に変えることはできませんが、唯一変えられる条件は年収だからです。

まとめ

「年収交渉はできるか?」については、現在の仕事よりもより高いレベルの業務であるとか、需要が高いのに出来る人が少ない業務、引き抜きであるなどの理由があればできる、と言えます。応募先企業での面接で希望を言うと同時に、エージェントにも相談しましょう。

最初から遠慮する必要はありません。業界や個々の企業で給与体系が違うので、あなたの望む年収が応募企業にとって高いか低いかはわからないから。「年収がアップした!」と転職して喜んでいたら周囲の人よりもずっと低い、ということもあり得ます。

「自分はこの仕事でいくらほしいのか?」はじっくり考えてから面接に行きましょう。また、あなたの経歴での年収の相場をエージェントに聞いてみると参考になります。

この記事を読んだ方は、こんな記事も読んでいます




Photo on Visualhunt.com

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします!役立つ情報をお届けします。

SNSでフォローする
関連記事(広告含む)