仕事・英語・本・ねこ・グルメについて書いています。

転職の時のレファレンス・チェックとは? 惚れそうになった話。

スポンサーリンク

こんなことを書くのは、以前自分がネットで調べた時、あまり参考になる情報がなかったからです。

*

ひふみ投信で有名なカリスマファンドマネージャーの藤野英人さんは、採用の時、必ずレファレンス・チェックを行うそうです。

そして、最後に、「で、この人、いい人ですか?」と聞いて、相手が言いよどんだ人は採らないそうです。過去に人柄を無視して採用し、痛い目にあっているから、と述べておられます。

*

レファレンス・チェックとは何か

転職の際、8割以上の外資系で実施されている、正式に採用を決める最後の段階のチェックです。

採用予定の会社かあるいは転職エージェントが、筆記試験や複数の面接を通った候補者の以前働いていた会社の上司や同僚に電話してインタビューを行います。

そして簡単に言うと「人柄」と「経歴はあっているか」を確認するのです。

上司なのか同僚なのか、同じ部署の人なのか違う部署なのか・・というのは、会社によって違いますが、大抵、二名以上に行います。

なぜなら、もしもレファレンス・チェックの結果不採用となった場合に、どちらの人の答えがまずかったかがわからないようにです。インタビューの内容は候補者には明かされません。

レファレンス・チェックを頼んだら

さて、私の場合、ちょうど2社が最終までいっていたため、それぞれ「同じ部署の上司と同僚」「同じ部署の上司と、違う部署の同僚」を紹介するように言われました。

そこで、(同僚でなくても上司でもよいと聞いたので)、以前上司だった方二人と、他部署の管理職一人に個別にメールで依頼しました。(一人は重複でお願い。)

そうしたら、1時間以内に「喜んで引き受けます。」「私で良ければ引き受けます。」というさらっと一行だけのメールの返事が3通、返ってきました。タイトルに書いた、「惚れそうになった」というのは、このことです。

さすが!(私の選んだ人たち!)カッコイイ!こうありたいものです。

誰にお願いするのか

レファレンス・チェックがあるから、外資系では上司と喧嘩ができない、と言われていますね。

では、もし、上司と合わないのが原因で転職する場合はどうするか。

すぐ辞めてしまわず、頑張って在職中に次を決めれば、(当たり前ですが)採用は在職している会社には秘密に行われますので、現在の上司にレファレンス・チェックをお願いすることにはなりません。

一つ前の会社の上司や同僚にお願いすることになります。

さて、当然ですが、お願いするのは、「自分のことを嫌いでなさそうな人」かつ、電話のインタビューですから、「優秀で、きちんと感をもって話せる人」。

百戦錬磨の人なら、申し分ありません。もしも、あなたがレファレンス・チェックで不採用になったとしても、仕事で何度も修羅場を経験している方たちは、全力を尽くしたならさっぱりとあきらめて、責任を感じてウジウジしたりしないからです。

また、そういう方は、引き受けてくださる確率か高いです。なぜなら、そういう新しい経験は、その方にもプラスになることがわかっているから。(例えば、その方自身が将来転職する場合に参考になります。)

たまに、なんか初めて見たときには無口でもっさりしてて頼りなさげだったけど、実際一緒に働いて見たらすごく優秀だった!という人がいますが、そういう人は例え優秀でも向きません。ご本人にも負担になります。

依頼する人が決まったら、口外しないようにもお願いし、引き受けてくださってから詳細をご連絡します。

事前に何を伝えるか

引き受けてもらったら、応募している会社とポジションについて、そしてそこに求められている能力について、包み隠さず説明します。いかにあなたがそのポジションにピッタリかを相手に納得させるのが依頼なのですから。(もちろん年収などは知らせる必要はありません。)

優秀な人は大抵忙しいし、あなたについてあまり知らないか、忘れてしまっているかもしれません。あるいは、レファレンス・チェックは初めてかもしれません。

そこで、職務経歴書と、「想定問答集」もお渡しします。

“多分こういった質問がくると思うので、作ってみました。このままお答えいただく必要はありませんが、ご参考まで。”

といった感じでざっと読んで準備してもらいましょう。

例えば、長所・短所、それを表すエピソードは、定番らしいです。

私が頼んだ一人の方は、面白い方で、「普通に思ったままを言えばいいんだよね?」と聞いてきたので、「いえいえ、それじゃダメですよ!結婚式の祝辞のつもりで!」とこちらも笑ってお願いしました。

レファレンス・チェックの結果、採用が決まったら

自分の一生に関係することで、(大抵は仕事中に)時間をさいてくださっていますので、何がしかのお礼はした方がいいと思います。次の転職でもまたお願いする可能性もありますよね。

採用が決まったら、と書きましたが、例え落ちても、時間と労力をさいていただいたことにお礼をします。レファレンス・チェックが終わったら、結果を待たずにすぐにお礼してしまうのがいいと思います。そして採用が決まってから報告すればいいでしょう。

私もかなり考えたのですが、冗談を言い合うよく知っている方たちで、ご厚意で引き受けてくれたのにあまりお礼をしすぎるのもかえってよくないかもと思いました。

そこで、皆さん、私が部下だった時によく美味しいお菓子を買って配ってくれていたのを思い出して、部下の方たちとご家族に足りる様にお菓子をお送りしました。事業所が近い方には持って行きました。

ご自宅のご住所がわかっていたら、ご家族用に何か美味しいものでも送るのもいいかと思います。もちろんこれは私個人の考えですのでご参考程度に。

まとめ

試験でも、面接でも、ありのままにこだわらず、準備はした方がいいと思います。その方が、例えダメでも後悔しません。採用する側からすれば、例え付け焼刃でも準備してきた人の方が好印象ですから。

レファレンス・チェックは、ほとんど形式的に行われるものです。しかしそうはいっても、依頼される側のことを考え、準備のためのデータは渡しておいた方がいいでしょう。

仕事と違い、当然にやってもらえるものではないのですから、こちらも適当ではなく誠実に依頼するべきです。そうすれば、全力を尽くしてくれるはずです。

追記 この記事は、2017年2月のブログ内人気記事ベスト5に入りました。2月の人気記事ベスト5

この記事を読んでいる方は、こんな記事も読んでいます。

この記事が気に入ったら
「いいね !」 お願いします!役立つ情報をお届けします。